デジタルサイネージ

電通が発表した「日本の広告費」を見ますと、テレビや新聞、雑誌などの広告費は下がり、インターネット広告が126.5%ともの凄い勢いで増えています。インターネットに関してはこの先も右肩上がり、どんどん進化したビジネスが増えてもっと上がっていくと思います。

デジタルサイネージを含むプロモーションメディア広告費は、前年比101.9%と増えております。インターネット広告費とまでは行きませんが、4年連続で増えている状況です。理由としては、OOHメディア(屋外ビジョン、広告板、ポスターボード、広告幕、商業施設メディア)の需要が増えた事によって好調となったようです。

デジタル技術の発展・整備に伴い、デジタルサイネージ等の既存メディアの枠を超えた新しいメディアが多く出現していくとも言われております。そうなれば、テレビや新聞などの広告費はもっと下がり、新しいメディアに広告費を投入して行く動向になっていくのかと思います。

将来は、空気上に表示された広告映像なんていうのも近未来かも知れませんね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

07/29

13:35

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジタルサイネージの動向

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする