Director

この前、自社サイトをリニューアルしましたが、今回はPapervision3Dを使用して制作してみました。今後もこのようなFLASH+3Dという部分を磨いて行きたいと思っておりますが、
弊社でいうこの特長がSP5のコアコンピタンスになってくると思います。

コアコンピタンス企業が持っている独自の強み(専門技術のノウハウ)や得意領域の事。

このコアコンピタンスは、なにも技術だけでなくても良いのです。業界に強いと言う点でも良いですし、個人的に好きな事でも良いですし、僕の理解としては、そのパーソナルに対しての強みがある部分は全面に出ている事かと思っております。

クライアント側も、その企業が持つコアコンピタンスを理解し、仕事の割り振りを考えていると思います。確かに、不得意な所に、初めての事をやらせるより、より理解している会社に制作してもらった方が、効率もいいですし、クオリティーも良いでしょう。

その求めているクライアントと、マッチングがうまく言った時はなんとも言えない充実感が生まれて来る事でしょう。(求めるもの+求めるもの=クオリティー)

仕事とは、そうあるべきだと願いたいですね。
と言う事は、私も日々勉強と言う事ですね・・・コアコンピタンスを打ち出す為にwww

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

07/23

10:10

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コアコンピタンス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする