デジタルサイネージ

自分は、OOH「Out Of Home」のデジタルサイネージを中心に勉強して行こうと思っています。

そもそも、OOHとは、OOHメディアやOOH広告などと言われることもあり、
「家庭の外で接触する媒体という意味で使われる新しい媒体分類方法。一般的には屋外広告や交通広告が考えられるが、イベントや街頭でのサンプリング、位置情報を使って発信される携帯向け広告などもアウト・オブ・ホームと考えられる。」と広告辞典には書いてあります。

最近の広告は、4マス+インターネットでクロスメディア展開して広告もありますが、さらに新しい可能性として屋外広告のような新しい媒体を使った展開にも注目が出ています。
皆さんの身近な物としては、渋谷の交差点、電車の中、コンビニなど、あらゆる場面で活用されています。これにより、テレビや雑誌など不特定多数のターゲットを相手するよりセグメントされたユーザーに伝える事ができます。あまりテレビを見なくなった時代背景も少なからず影響しいるのかと思います。

ただ、「デジタルサイネージ」と言う言葉だけが先行し、的確な利用方法が定まっていない感はあります。今後、色々な思考錯誤を重ね便利に進化したコンテンツが身近に普及していくと思います。

とっこんな感じで考えており、スペック五次元では、技術投入ができるように勉強できたらと思っています。




動画:赤坂サカスにあるフキダシシステム

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

07/01

09:23

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジタルサイネージって・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする