Director

Webを制作する際に、SWOT分析をしながら作成することがあります。
SWOTとは、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威を総称した言葉です。

様はその会社にとってどのような事が考えられるかという指標を表した言葉ですが、
さらに、そのSWOTを細かく分析したVRIO分析っていう言葉が有るのをご存知でしたか?

VRIO、間違いなく、略語の造語に見えますが、何の略かというと・・・

V:Value(価値)顧客にとって価値があるか。 
R:Rareness(希少性)希少性は有るか。
 I:Imitability(模倣可能性)真似されにくいか。 
O:Organization(組織)個人依存ではなく、組織として構築出来ているか。

SWOTに比べると、かなり確信に迫っている感じだが、プロダクト系のサイトを作成するには、この考え方は特に必要な気がします。

見せ方、コンテンツなど、いろいろな角度からの切り口でモノを見れるようになるというのも必要と言う事ですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

07/31

09:24

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: VRIO分析ってなに???

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする