マーケティング

2006年6月29日に開始され現在、アメリカ・欧州を中心に提供されているGoogleの決済サービス「Google Checkout」が世界展開する日が近いようです。

前々回の記事でも触れたように、アジア圏での検索エンジンシェアでGoogleのシェアは低いのですが、
米国&欧州圏ではライバルの追従を許さないほどのシェアをもっています。

Google Checkoutとは、
オンラインでの決済代行サービスになります。eBayの運営するPaypalの対抗サービスというと理解しやすかと思います。
Webサーフィンをしながら対応サイト上で簡単に買い物をできるのが特徴となっているようで。買い物には共通のGoogleアカウントが使用され、ユーザーがこ れまでの購入履歴や物品の出荷状況を確認することも可能なようです。また、クレジットカード番号等はGoogle側で管理されるため、ショップ側にこれらの情報が漏 れる危険性がなく、電子メールアドレスを経由したスパム防止も可能な仕様となっているとうこと。

導入するには、
・既存サイトのHTMLにボタン用のスクリプトを埋め込む
・Google Checkoutの機能を実装したショッピングモールに出店する
・Google Checkout APIを埋め込む

という方法があるようです。

導入のメリットとしてはGoogleが運用している他のサービス(AdWords、Base、Analytics)とのリレーションが容易であるということがあります。Adwordsと併用して利用するとCheckOutの利用料が無料になったり、検索結果の広告にショッピングカートのアイコンが表示されたりします。

現状では、米国に所在地と銀行口座を持つ事業者しか利用できませんでしたが、日本でも利用可能になる日が近いと思われます。

米国&欧州を中心にグローバルな展開を目指すスペック五次元としては、Googleの動向は目が離せません。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/14

10:12

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google Checkout(日本未導入)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする