デジタルサイネージ

デジタルサイネージには、大きく分けて2つの考え方があります。
1つ目は「案内」を重視したコンテンツです。館内案内などのコンテンツで、どの場所にレストランがあるか?などの情報を配信しています。また、汐留にあるNationalセンターでは、様々なスタイルの暮らし方の提案をしているショールームを展開しており、各ブースにタッチパネル式のデジタルサイネージを配置して、動画や商品詳細などを紹介しています。来場者は、カタログ以上の情報を入手する事ができます。

2つ目は「広告」を重視したコンテンツです。渋谷のスクランブル交差点やJR新宿駅などにある、デジタルサイネージで企業CMや音楽情報などを配信しています。信号待ちや待合せの時間帯などに見てもらうコンテンツです。

さらに・・・今後はこの2つがミックスした形で展開されると思います。
WEBで言う所のポータルサイト的な情報が外にいても集まるコンテンツ端末になっていき、その端末をヘビーに利用するユーザーが増えるのであれば企業は喜んで広告を出して行くと思います。ポイントとしては、ユーザーが使いこなせるコンテンツが必要で、広告重視でコンテンツを考えて行くと面白いコンテンツはできず、現在ちまたにあるようなコンテンツになってしまうのかと思います。また、ライバル機種としては携帯電話で、誰もがもっていて様々な情報を入手できる端末ですので、携帯と同じものではなく、デジタルサイネージから携帯へ、携帯からデジタルサイネージへなど連動したコンテンツが必要になってくると思います。

まだまだ、右往左往しているデジタルサイネージ業界ですので、この答えが出せた時には、インターネットのようなビジネス展開が可能となる訳です。





WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/12

16:35

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 案内なのか?広告なのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする