ディレクター

WEBリニューアルを依頼された場合、皆さんはまず何をおこないますか?

競合他社のサイトを分析する、または自社のサイトを分析するなど、現状把握・現状分析を行うかと思いますが、企画を練る段階でまずはそのサイトは何をするサイトなのか、また何を目的としてリニューアルをおこなうのか?という点を忘れないで、作業を進めて行くのが賢明だと思います。

目的がブレてしまうと、そこからのデザイン、機能などがマッチしなくなり、結果何を言いたいサイトなのか分からなくなってしまいます。

また、クライアントの意見(発注者サイド)は重要視した方が宜しいですが、たまに、偏った意見が出てしまう場合があります。それは業界において、長く携わっていると見えない部分が出て来てしまい、その意見で思わぬ方向に向ってしまう場合があります。

その場合は、まずはユーザー視点に立って物事を考えて下さい。

発注しているクライアントは、自分達が作りたい方向に意見を取り入れるのは当たり前ですが、制作サイドは第三者の視点を持ち、クライアントのエンドユーザーの視点で物事を見て、話を進めるのが賢明かと思います。

"何か、案件が進まないな〜""うまく行かないな〜"なんて時は、結構こんな所が動脈硬化起こしている場合がありますよ。






WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/13

21:22

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企画の第一歩

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする