デジタルサイネージ

デジタルサイネージのコンテンツを操作する上で一番主流なのがタッチパネルです。最近ではタッチスクリーンやマルチタッチとも言うのかな??タッチパネルは自分らの生活上とてもみじかな操作方法で、ATMや切符売場、カーナビなど、誰もが使える操作なのです。最近では、iPhoneの登場によりタッチパネルの概念が大きく変わってきました。時期Windouws7でもマルチタッチの技術を使えるようになるみたいです。押すだけの操作だけでなく、拡大縮小したり移動したりと、よりインタラクティブに操作する事ができるようになりました。結構前の話しになりますが、リテールテックJAPANに行った時にマルチタッチ技術を使った液晶モニタが登場していました。商業施設などに設置している館内案内などのサイネージにマルチタッチ技術を投入すると、もっと表現方法が広がりそうですね。
例えば、今までは店舗紹介だけの情報でしたが、メニューも見られるようにして料理の写真をパラパラとめくれたり、お気に入りBOXに運び、料理の写真で他店と比較できたりしたらおもしろいかも?知れませんね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/19

09:38

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タッチパネル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/36

コメントする