Webディレクション

最近のWeb制作では、W3Cが推奨する制作方法にて、以前よりも明確化されてきておりますが、中身の構成などは、マーケティング手法の違いや、クライアントの考え方などで、案件によってバラバラかと思います。

実際にWeb制作側はどのような視点で考えていけば良いか、考えていきたいと思います。

ユーザービリティ・アクセシビリティは問題ないか?

まず該当サイトへのターゲットに対して、使い勝手が良いか、可読性、探しやすさなどの視点から評価していきましょう。私の考え方は、かなり偏ったサイト(デザイン性に特化していてユーザビリティーが悪いサイト)でもターゲットによっては問題ないと考えますが、一般的には皆使いやすいサイトを基本に考えた方が良いかと思います。

コンテンツ&サービス実装が出来ているか?

該当サイトのコンテンツなどが、競合他社と比較して質・量の両面で優位にあるかなどです。Webサイトをリニューアルする際に、競合他社のサイトは調査するかと思いますので、ここは皆さんも問題ないかと思います。他社とは違った切り口で、コンテンツが作成でき、さらにターゲットユーザーのニーズにマッチしているかなどが出来ているとベストと言えるでしょう。

ブランディング表現が出来ているか?

企業やサービスに対してのブランディングがサイトに反映しているかという視点になります。ブランドを下げる様な表現などは、もってのほかですが、ここでも競合他社がどのようなブランディングを行なっているかは調査した方がよいでしょう。

IAからなる導線は問題ないか?

IA(インフォメーションアーキテクチャー)などの、Webページに記載するテキストの情報整理から、ページ下部、または次ページに続く導線などがうまく繋がっているか?またユーザーの能動的な動きを読みながら作成出来ているかなどの評価になります。
これはライターと、クライアントが求めている表現方法などを読み取り、打合せを重ねて作成する必要があります。

ウォークスルー評価で問題点はないか?

これはペルソナマーケティングを使用してターゲットユーザーの導線シナリオ、情報構造などの問題点を絞り出す方法です。これはペルソナマーケティングの精度が高いと導きだせますが、曖昧な形でのペルソナですと、うまく導きだせないので、気を付けた方が良いでしょう。

このような点を注意しながら、Webを観てみると、リニューアル時の問題点などに大きく繋がり、提案出来るかと思います。




WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/23

21:46

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Webへの評価(マーケティングからの視点)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする