Director

前々回に情報アーキテクチャーのお話をしましたが、今回はその情報整理に必要な、"LATCH法"というのをご紹介します。

LATCH法とは、インフォメーションアーキテクトの父、Richard Saul Wurman氏が情報整理を5つの定義で提唱した方法になります。

・Location:位置による組織化
 地理的な情報や、物理的な概念を基にまとめる方法で、代表的なものは、地図や案内  図、見取り図などがあります。

・Aiphabet:アルファベットによる組織化
 文字通り、アルファベット順に整理したことを言います。辞書や電話帳、などリスト  上にする時に便利な方法ですね。

・Time:時間による組織化
 時間軸によって整理する方法です。主に、カレンダーや年表、テレビ欄などがそれに  当たります。

・Category:分野による組織化
 情報をジャンルやカテゴリー毎にわけて整理する方法です。これは何を基準に分野化  するというのが最も重要になります。

・Hierarchy:階層、または連続体による組織化
 大きさや値段、優先度などによって整理を行なう手法です。価格などを整理した場合  に円グラフや折れ線グラフなどにまとめるなどを言います。

こう見てみると、慣れしたじんだモノも多いかと思います。
逆に言うと昔から有るものなので、見慣れてしまっているかと思いますので、このLATCH法を基本に、企画段階で情報整理を行なってみては如何でしょうか。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/24

11:45

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LATCH法とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする