Webディレクション

Web サイトを作成するのに、まずは全体の構造を考えるのはとても重要ですが、内容のテキストなどの構造もその段階で考えられると、良いでしょう。
読むテキストやサイトの構造を、優位に情報を発信する為に整理する事を情報アーキテチャーと言います。

情報アーキテクチャーのゴールと言うのは、クライアント側のビジネス目的と、実際にアクセスするユーザーを明確にしてそれら両方を満たす、使いやすいサイトを設計する事です。

これが、なかなか難しいですよね。特に第三世代、第四世代のWebになると、かなり情報は整理されている中、この部分を求められることがあります。

基本は、必要な情報を端的に発信出来るかと言う事だと思うのですが、サイトによって、かなり見せ方等も変わるので、ユーザービリティー・アクセシビリティーを考えながらデザインを行なわないと、構成段階で整理出来ても、見にくい、使いづらいサイトになってしまいます。

ディレクターはこの情報整理の段階は、自分の仕事の持ち場になるので、整理出来たとしても、その後、ADなどと綿密な打合せをして、デザイン作業に入った方がよいでしょう。

デザイナーもこの辺りを勉強してもらえると、ディレクターは助かるのだが・・・
それは、俺が仕事をサボりたいだけかwww


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/12

21:32

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 情報アーキテクチャー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする