Director

前回、LANCH法のご紹介をしましたが、またまた情報アーキテクチャーのお話になります。Webへの情報整理として、いろいろとご紹介して来ましたが、今回は構造の整理の仕方になります。

Webサイトは、ターゲット・目的なので使い方が違い、それ相応に設計していきますので、正しいサイトというのは、存在しないかと思います。重要なのは、ユーザーが、そのサイトに訪れた時、知りたい・得たい情報がすぐに到着出来るか、という部分になります。

・階層型の構造化
読んで時の如く、階層型での情報の構造化です。考え方として、【日本<東京<新宿<居酒屋】など【大<中<小】という形で、徐々に細分化した構造の事を言います。

・直線型の構造化
これは【次へ・戻る】などの操作で情報を提供する形をいいます。読み物や商品群を紹介するとき等に、有効になる手段かと思います。

・フォークソノミー型の構造化
フォークス(Folks、民衆)とタクソノミー(Taxonomy、分類法、分類学)の造語になり、ユーザーに情報の分類化を委ねた形の事を言います。

大きな構造の整理は企画後の構成を作成する点で、とても重要ですね。
たまに、リニューアルを行なっても、リニューアル前の構成と変わらずという事が有りますので、皆さんもこの構造整理の仕方を覚えておくと良いですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

10/01

17:20

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 続・情報アーキテクチャー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする