マーケティング

電通総研 消費者研究センターが11月26日に恒例の調査結果を発表したようです。
早速ランキングを見てみると、下記のような結果になりました。

1位 「新感覚コントローラTVゲーム」(Wii)
2位 「崖の上のポニョ」
3位 「地デジ対応大画面薄型テレビ」
4位 「割安商品」(プライベート商品やアウトレットモール)
5位 「ペンタッチ携帯ゲーム」(ニンテンドーDS)
6位 「ワンセグ対応端末」
7位 「電子マネー」
8位 「タレント牧場生キャラメル」
9位 「コンパクトデジタルカメラ」
10位 「エコグッズ」

1位のWiiは2006年12月2日に国内発売を開始しているので、
2年前の商品ですよね。ニンテンドーDSにいたっては4年前!の発売開始だったりします。
さすが任天堂の商品は息が長くて楽しめるのだと感じます。
かくゆう自分も遅ればせながらWiiを最近買ってみたりしてますし...。


電通総研が総括すると、「攻守切替消費〜生活を守りながら楽しむ知恵の消費〜」とした。これは、ただ守りに入るだけでなく、こだわりのある分野などには攻めの心理を垣間見せる消費行動が特徴的であったことから名付けたという。2009年はこのような消費スタイルがより顕著になっていくとみている。
また、2009年以降もはやり続けるものとしては、「地デジ対応大画面薄型テレビ」、「電子マネー」、「新感覚コントローラTVゲーム」、「割安商品」、「動画共有サイト」の順となっているようです。


アメリカを追従し、より一層の消費の冷え込みが予想される2009年ですが、
地デジ対応大画面薄型テレビを利用してWiiを見ながら電子マネーで割安商品を買うようなことが流行るのでしょうか?

2009年は大波乱の年のような気がしてなりませんが、逆に本物というかリアルというか信念を持って社会に貢献できる企業や人物が生き残っていけるのだと思います。スペック五次元も時代の波に振り落とされないように、しっかりと情報を取得・分析しながらて突き進んでいきたいと思います。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/28

11:03

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 消費者が選んだ2008年話題・注目商品

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする