デジタルサイネージ

デジタルサイネージ制作の仕事をやっていると、外部デバイスの事が必ず出て来ます。
従来のコンテンツですと、映像配信やタッチパネルコンテンツのみといったデジタルサイネージが多いのですが、ここ最近になって外部デバイスとの連動の話しが増えてきました。例えば、カードリーダーを使用しICカードをかざすとページが遷移したり、部屋のカラーシミュレーションなどができたりするコンテンツです。

外部デバイスとの組合せをすれば、色々な手法で見せ方や感じ方を伝える事ができます。
面白い物ですと、NTTコミュニケーションズが展開する香り通信と言うサービスです。文字情報や視聴覚が中心の従来型コミュニケーションから映像や音楽などと香りの情報を組み合わせ、人の"気持ち"を余すことなく伝えることができる五感を活用したサービスだそうです。この中にデジタルサイネージと連動した、「香るサイネージ」とい言う商品があり、従来の映像配信サービスに+映像に合わせた香りが出ます。これってかなりインパクとがある手法だと思います。このように外部デバイスと連動させると、デジタルサイネージからリアル世界に向けて表現をする事もできるようになり、考え方によっては無限に表現方法が増える訳です。

実際に効果的な外部デバイスは何なのか?は、これからの大きな課題となりますが、ARやカメラを使った認識系など、どんどん面白いデジタルサイネージは増えていくと思います。

今回は、さわりし程度しか外部でバイスについて記載しませんでしたが、この辺の情報もどんどん調べて行きたいなと思います。

↓制作の高畑に教えてもらい面白いなと思ったコンテンツ


WEB・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

12/02

08:54

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 外部デバイス使用し表現方法を増やす

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする