デジタルサイネージ

ワンセグ+デジタルサイネージ

いま、ポスターやチラシに代わるメディアとして
スペック五次元でも注目を集めているデジタルサイネージ(電子広告)。

そこで、富士通が開発した「スポットキャスト」ワンセグ(エリア限定ワンセグ)の電波を利用した映像配信。
ワンセグなどを利用すると電波法や放送法で規制されるが、スポットキャストの場合は電波の発信装置から半径2メートルの範囲のみに配信ができるため法規制の対象にならないそうです。

ワンセグ(エリア限定ワンセグ)で配信を行うと、携帯のワンセグ録画機能を使って録画し必要な時に再確認でき、ワンセグだからパケット料金も掛からないというのがよい。

携帯電話のスペックがどんどん良くなってきてテレビが見れる時代。
今後の課題はいかにユーザーに受信していただくかの仕組み?
店舗と同じディスプレイ内容では意味が無い?

今後は映像配信(ワンセグ)をどのように活用していくのかが楽しみですね!







WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

12/08

11:14

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ワンセグ+デジタルサイネージ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする