3D

3Di社からようやくOpenViewerをリリースすると発表があったようです。
同社はセカンドライフの仮想空間エンジン(オープンソース)を利用して事業展開をしている企業です。
興味があり以前お話を伺ったのですが、その際は別途アプリケーションをダウンロードして仮想空間をナビゲーションする仕様でした。

今回発表されたOpenViewerはIEのプラグインで動作する仕様で、ユーザーの導入に対する敷居を低くしたものと考えられます。

実は営業の方とミーティングした際にOpenViewerのことは伺っていたのですが、なかなか発表がなかったので気にはなっていました。

20090129-browser-estate-capture-s.jpg

20090129-browser-resort-capture-s.jpg

セカンドライフが日本に導入され様々な大企業が参入して話題になりましたが、一般のユーザーではなかなか浸透しないのが現状だと思います。しかし、WEBの中で3DCGの利用を啓蒙するためにもぜひ頑張ってほしいところです。



スペック五次元のアプローチはFlashと3Dをマッシュアップする方向で動いています。
今回ご紹介したOpen Viewerとは方向性が違いますが、仮想空間で利用するためのローポリゴンのモデルデータを提供することも可能です。
3Dに関する様々なご相談をいただければ、ベストなご提案をさせていただきます。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/31

08:22

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3Di社 OpenViewerをリリース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/126

コメントする