3D

こんにちわ。
2009年も宜しくお願いします!
第1段は趣味に走ってますが、いやいやどうして面白いコンテンツが有るもんです。
Allstateというアメリカの自動車保険のコーポレイトサイトです!
日本のコーポレイトサイトでこのインターフェースはあり得ないと思いますが実際に運営されているサイトです。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/


BIKE1.jpgのサムネール画像


FlashとJavascriptを多用したいわゆるRIAという技術で作成されています。
どうやら滞在時間を延ばすために、こんなコンテンツを組み込んでいるようです。

早速「Build Your Own Bike」をクリックしてバイクのシミュレーションをスタートします。

BIKE2.jpgのサムネール画像

まずはフレームから選択します。
ハーレーダビットソンを知っている人だとニヤリとするチョイスです。

BIKE3.jpgのサムネール画像

フロントフォークを選択します。
こんなに選べていいのでしょうか?日本だと車検のことが脳裏をかすめますね...。

BIKE4.jpgのサムネール画像

ホイールです。
スポーティーなものからチョッパーテイストなものまでかなり豊富です。

BIKE5.jpgのサムネール画像

エンジンです。
マニアックですが、スポーツスターのエンジンです。
オイルタンクはカスタマイズ済みですね。
カラーリングも選べて妄想が広がります。

BIKE6.jpgのサムネール画像

フェンダーを選びます。
これも種類が豊富で悩みますね。
ちょっとチョッパーよりな気がしますが。
自分は小振りなのが好きだったりして。

BIKE7.jpgのサムネール画像

タンクを選びます。
純正スポーツスタータンクやコフィータンク等すごく選ぶのに悩みます。
本当に保険会社?

BIKE8.jpgのサムネール画像

ハンドルもいろいろなテイストから選べますね。
日本の車検制度だと幅や高さが変わるだけでも構造変更しなければいけないのでアメリカっぽさを感じます。

BIKE9.jpgのサムネール画像

今度はシートです。
本当にカスタマイズするポイントを抑えてます。

BIKE10.jpgのサムネール画像

最後にマフラーです。
明らかにサイレンサー無しのマフラーだらけです。
日本だったら逮捕されそうです。

BIKE11.jpgのサムネール画像

ペイントします。
マフラー以外は何でも塗装できますね。
いちいちSEがその気にさせます。

BIKE12.jpgのサムネール画像

アクセサリーをチョイスです。
好き嫌い有りますが...。
芸が細かいです。

BIKE13.jpgのサムネール画像

いよいよラスト!
背景を選択します。
荒野やガレージ等から選んでいきます。

BIKE14.jpgのサムネール画像

こんな感じに完成しました。
完成したイメージは壁紙にできるほかに投稿したり友人に知らせることができます。
何度も書きますが日本の保険会社ではこの発想は100%ないですよね。
3DやFlashを利用したサイトは多々有りますが、大真面目にこんなコンテンツを展開しているのは驚きを隠せません。

自分たちも自由な発想でこんな企画を書けるようになりたいです。
オリエンでこんな話を聞けたら興奮しますね。
採算度外視で絶対やりたいです。

日本の保険会社でこんなコンテンツに興味のある方いませんか〜????

Date:

01/08

19:22

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: RIAでバイクシミュレーション

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする