ニュース

前々から気になっていたのですが、Youtubeの動画をアップすると、著作権の問題で削除されたりしますが、最近あまり、目立つ様な削除が少なくなってきたな~と思いませんか?


あるアーティストプロダクションの方と話をしていた所、そのプロダクションのアーティストの動画をエンドユーザーがアップしても、閲覧したエンドユーザーがいれば、プロダクション側へYoutube側から閲覧料を支払われるというシステムがあるそうです。なので、Youtubeと提携した企業であれば、その企業の動画・関係動画がアップされ閲覧するユーザーが多ければ、多い程、企業には利益になるというシステムになります。Youtube側は、閲覧が多いページに対して企業から広告を募集してその広告料をプロダクション側に支払うと言う形です。


これはYoutube側からの提案だったそうですが・・・。

と言うか、Yotubeというより、あの大手の企業ですね。


なるほどな~と思っていたら、今日のニュースで著作権の許可を得ていない楽曲を使用した場合は削除するか音声をOFFにするという施策も行なっているそうです。


この施策が明るみに出た理由として、Google側が4大レコード会社の契約を進めていたそうだが、WarnerMusicとの契約がうまく言っていない所からの話らしいですね。


何ともうまくいっていない企業と、うまくいっている企業とが二分化していますねwww


見ている動画で、音声が入っているモノと入っていないモノとで企業間の対立が見えて来そう。


とにもかくにも、ユーザーとしては、動画が全てYoutubeで見れるといいのですが。まだまだ、先の話になりそうですね。







WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/16

23:26

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Yotubeの著作権ってどうなるんだろう???

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/116

コメントする