iPhone

Appleは米国時間3月17日、カリフォルニア州クパチーノの本社で開催したイベントで同社携帯端末「iPhone」の次期OS「iPhone OS 3.0」を披露しました。
メージャーバージョンアップとして期待していましたが確かに内容が濃い感じです。
クライアント側に提供される新機能を簡単に説明します。

iphone-3-new-1-thumbnail2.jpg.jpg

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

・コピー&ペーストが可能に
・MMS(画像や音声などを利用したSMS)に対応
・ボイスメモ機能の追加
・OSX同様にSpotlightによる横断検索が可能に
・Bluetoothにステレオ音声送出機能追加(A2DP)
・BlietoothによるP2P
(iPhone同士をコネクトして対戦ゲームやデータ交換が出来ます。)
・Docコネクタに接続するアクセサリや周辺機器を開放。
(キーボードなどの周辺機器や逆にiPhoneをコントローラーにした機器が作れる。)
・マップAPI強化、アプリ内にgoogle mapを組み込める。
(マップアプリを起動せずにアプリ内で地図やGPSを利用出来るのでナビなんかも作れる。)
・プッシュサービスをアプリで利用可能に
・アプリがiPodの音楽ファイルを使えるようになる
・アプリの月額課金サービスが可能に(サービス型アプリなど)

開発者向けには、上記を含む1000もの新APIが追加され、多様な機能を簡単に実装出来るようになり、開発が簡単になる。
iPhone OS 3.0は、夏ごろリリースされ、iPhoneは無料でアップデート、iPod touchは有料。
デベロッパーには、今日からβ版がリリース。



弊社ではデベロッパー契約をしていませんので、詳しい内容はわかりませんが
スムース氏のまとめからすると今まで躊躇していたことが実現できそうです。
例えば現在のOSではiPhone内の音楽データはAppleが準備したプレーヤーでないと再生は不可でしたけど、
iPhone OS 3.0では独自のアプリで利用が出来ます。
ということは、オリジナルEQやエフェクターを作れるなど、楽器としての利用を提案できるようになるのです。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク    http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/19

10:01

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhone 3.0発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/154

コメントする