モバイル

先日のニュースで、米系製薬会社のファイザー社がWindows Mobileの導入を決めたそうです。導入する機器は、ソフトバンクモバイルの「X05H」と機種で、キーボードや画面タッチ機能、3D表示画面などが搭載し、かなり優れている機種です。

X05HT_open.jpg

MR向けの情報端末として活用し、外出先や移動中など、メールやスケジュールなどリアルタイムに確認できるようになることで、医師からの問い合わせや、顧客対応など、MR業務の活性化と効率化を目指すそうです。確かに外回りの多いMRは、「X05H」を使用し、外出先でオフィス系のソフト(エクセル・ワード等)を立ち上げて、顧客対応の速度を上げる事によってスムーズに業務を進める事ができますね。また、日常業務管理だけではなくて、「X05H」を使用した医師のプレゼン用コンテンツ等も作れるような気がしますね。

このようなスマートフォンと呼ばれる携帯端末は、Windows Mobileだけでなく、どちらからと言うと現在はコンシューマー向けに使われている頻度が高いiPhoneも、ビジネス向けに使われて行く傾向になってくると思います。自分の知合いの会社は、iPhoneに動画の実績を入れて見せてくれたりもします。昔、ダウンタウンのマッチャンがCMで「携帯はしゃべれるだけで良い」と言ってましたが、それにかなり反して、色々な機能やサービスが増えていき、より便利になっていくと思います。そうなると、自分らのようなコンテンツ制作会社の腕の見せ所なので色々とアイデア考えないといかんなと思っています。



余談なのですが、ソフトバンクはCMの白戸家(ホワイト)で分かるように商品戦略がとても良いと思っています。打合せの途中で、フラッと表参道のソフトバンクに行ってみたら黒人の店員さんがいました。これも戦略なのかな???気になります。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/04

09:12

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Windows Mobileの導入を決めた企業

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/141

コメントする