デジタルサイネージ

タッチパネルと言えば、ディスプレイを触ると用意されたコンテンツが操作できる物ですが、今回紹介するのは、どこかの先生が黒板に書かれたボタンをPCに認識させて操作できるシステムを開発していました。

この動画を見ると、まずはPCにセンサーとなるコードを繋ぎ、黒板に取付けます。黒板にボタンらしき四角の絵を書き、それがボタンである事をPC側に認識させています。認識が完了すると、黒板に書かれたボタンの絵が、本当のボタンになりPCを動かす事ができるようになります。



黒板で出来るのであれば、色々なシーンで汎用性が持るかもしれません。そうなれば、街にある色々な物が外部デバイスとして活用できたりするかもですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/20

14:41

関連記事