Papervision3D

車好きにの方は既にご存知かもしれませんが、2009年9月ににポルシェ社から投入されるパナメーラというグランツーリスモカーがあります。
自分としてはポルシェ社のイメージからちょっと逸脱しているかな〜?と微妙な感じはしますが4ドアセダンとしてはどえらくスポーティーな高級車です。
911、ボクスター/ケイマン、カイエンに続く第4のモデルレンジであるパナメーラを題材に、ポルシェ社としては異例のオンラインキャンペーンなので皆さんにご紹介します。

wtop.jpg
6部構成でサイトを更新する予定らしいですが、現在は第5フェーズまで進行しているようです。
大きな構成としてはPCサイトとiPhoneアプリの2系統になっています。

コンテンツは、2つの切り口で展開されます。
ひとつは製品情報で、そしてもうひとつはパナメーラを理解するためのサイドストーリの集まりです。

top.jpg
PCサイトもiPhoneサイトもかなりリッチな作りにはなっています。
特にPCサイトのトップページではPV3Dを利用したインターフェースになっていて奥行きを上手に利用していると感じました。
公開フェーズ毎にサーフェースが重なっていくようで公開順が直感的にわかります。(最初は分かりませんでしたけど...)
スペック五次元的に難点あげるとすると3Dシミュレーションのクオリティが低いのが非常に残念です。
写真をベースに360度回転しながらカラーシミュレーションをおこなっているのですが、軽くしようと頑張ったんでしょうが
ブロックノイズが非常に目立っちゃいましたね。

panamera_iPhone.jpg

一方iPhoneアプリは写真と映像を効果的に利用して見ごたえの有る内容で完成度も非常に高いと思います。
自動車関連のアプリはいろいろと見ていますが、ツボを抑えた秀逸な作りではないでしょうか。
PC版のようにシミュレーションまでできれば文句無いでしょう。

プロモーションを仕掛けているのはBassier, Bergmann & Kindler(BB&K、本社:ルートヴィヒスブルク)社らしいです。
不勉強で申し訳ないのですが、恐らくドイツのプロモーション会社だと思われます。
スペック五次元もPV3DとiPhoneを活用したプロモーションをぜひともやりたいですね。

ポルシェ社がこのようにWebプロモーションに力を入れてくるのは、かなり社運をかけてリリースしてくる車なんでしょう。
ただ、前述しましたが4Dセダンはポルシェ社のイメージとは離れてるカテゴリなので実際セールス的に成功するかは未知数ですね。

スペック五次元もPV3DとiPhoneを活用したプロモーションをぜひともやりたいですね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/14

21:52

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ポルシェ パナメーラのオンラインキャンペーン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/184

コメントする