2009年6月アーカイブ

デジタルサイネージ

デジタル掛軸ってご存知でしょうか?ご存知の方もいるかも知れませんが、デジタル掛け軸とはアーティストの長谷川章さんがやっている「D-Kプロジェクト」と言うアート手法です。自分も始めて聞いた時は意味不明だったのですが、株式会社ピーディーシー様の5周年パーティーの時に知り、その後に色々と調べたりして作品を見たのですが、コリャ凄いとびっくりしました。

何が凄いって見て頂ければ理解すると思うのですが、例えば由緒ある寺の外観にプロジェクタを何台も当てて、そこにVJで使われるような映像を建物のディテールなども考慮した上で、映し出して1つの作品にしているのです。また、その映像が動くので奥行き等も加わり何とも言えない感覚になってしまいます。



海外での作品もたくさんあるのですが、日本では、熊本城や大阪城、六本木ヒルズなどでもLIVE を行ったようです。サイトでは写真がたくさん掲載しているので見てみてください。

このような映像表現が町中にたくさんあったらどんなになるんだろうか?
例えば、「BIG SHADOW PROJECT」のような街を使ったキャンペーンのように、渋谷のスクランブル交差点でこの手法を使ったイベントなんかあったらかなり面白そうだなとか思いました。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/30

09:17

モバイル

携帯電話で、サイトを閲覧する際にはどんな検索をしていますか?
最近では、「Yahoo!Mobile」や「GoogleMobile」など携帯電話でも検索サイトを利用して
いる人が多いと思います。
携帯電話には使ってそうで、使っていない機能で素早くサイト検索する方法があります。
(そんなの知っているよ!という方すみません...)

それは「画面メモ」です。
ほぼ、全ての機種で利用できる機能です。
ブックマークから呼び出すよりも素早くサイトを利用する事ができます。
携帯電話の待受にもショートカットがおけるので便利ですし
特に、検索サイトや乗り換えサイトやすぐ調べたいという方におすすすめです。

最近の端末には検索に関する「専用キー」が搭載されてきおり
携帯サイトもそうですが、携帯電話の機能面でもいろいろと検索が
出来たりと「検索機能」が充実してきております。

機能やサービスが充実していくなか、使う側も進歩していかないと
便利になるどころが、宝の持ち腐れになってしまいましね。

また、便利な機能があったら紹介したいと思います!







WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/30

09:03

モバイル

携帯電話で撮った画像で商品検索が出来るサービスが開始されました。

エブリクス・ジャパンとバリューコマースが開発したのは「写リンク」という
画像検索技術とバリューコマースのサービスを連携させたシステム。

「写リンク」の利用方法は2つあり、1つはCDやDVDのジェケット、書籍を
携帯電話で撮ってメールに添付して送ると、購入サイトなどのURLが送られてくるというものと、専用アプリをインストールして使用する方法があります。

実際に専用アプリをダウンロードして使用してみたところ、
今イチヒットがしてこない・・・
メジャーなものならヒット率は高いが、マイナー(?)なものだとちょっと厳しいかもしれないです。只、データベースにどんどん蓄積されてくればそれも解消はされると思います。
画像検索技術に関しては、問題無いと思いました。

今後の発展に注目していきます。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/27

12:24

iPhone

本日、iPhone 3GSが発売して、社内でも購入者が続出しております。

iPhone 3Gを持っている私も含め、切り替えようか迷っておりますが。ただ月々の価格がどうも気になりますね。どーしよっかな~・・・


なんて、今日はiPhone 3GSの発売日という事でこの記事です。


2009062619-1.jpg

iPhoneアプリで、ポルノ・コンテンツがあったの知っていましたか?

Hottest Girlsというこのアプリ。え?あのAppleがと思いましたが、これには理由が。iPhone 3.0へのソフトウェアへのアップデートにより、アプリケーションに年齢制限を課することが可能になったからとの事。


確かにそれであればと思うが、Appleがね~。

そこまで過激なものではなく、ソフトな感じでヌードや水着と言った感じのものらしいが、それでもよくやったよな~と思いますね。アプリ自体は、4枚の写真が一度に一つの画面に表示され、そのうちの1枚をタップすると、サーバーからフルサイズの写真がダウンロードされる仕組みらしいです。


というこのアプリですが、この話にはオチが。

すでにこのアプリは配信停止になっているようです。一時的なものらしいが画像サーバーに負荷が掛かり過ぎる為にこのアプリケーションを「現在売り切れ」状態にしているらしいです。


2ドルだったらしいですが、こっそり落としてみたかった・・・

ざんねん〜!!!


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/26

21:36

3D

6月24日〜6月26日まで東京ビッグサイトにて開催されている産業用バーチャルリアリティ展(IVR)へ営業部の中田と情報収集のために訪問しました。恐らく数ある展示会で自分が訪問した回数が一番多いのではないかと思う展示会です。

RIMG0301.JPG
残念なことに規模と内容がどんどん縮小している感覚がありますね。初日とはいえ、入場者数もあまり多く感じませんでした...。

展示で多いのは、バーチャルリアリティということもあって立体視系のソリューションが目立ちます。最近では、裸眼で立体視できるものが増えているので今後期待したいですね。


RIMG0310.JPG
写真では非常に解りづらいですが、メガネもかけずに奥行きのある映像を見ることができます。

相変わらずメガネを装着したソリューションも有るのですが、正直なところ技術の進歩が止まっているように感じるのです。
東京ディズニーランドに1987年から1996年まであったマイケル・ジャクソン主演の立体映画「キャプテンEO」から進化してないと思うのは自分だけですかね。

RIMG0303.JPG
他にも複数の展示が有ったのは、リアルタイムのモーションキャプチャーのソリューションです。自分らにはあまり利用の用途はないのですが、記念撮影しときました。
中田さん最高のスマイルです。


気になる展示は、先日のパシフィコ横浜でも話を伺ったケイ・ジー・ティさんが販売代理店の取扱をしているドイツのmetaio社のARソリューションです。
今回はiPhoneのARの話を重点的に聞いてみました。
iPhoneのカメラでマーカーを撮影すると任意の3Dオブジェクトが、撮影した写真の中に自由に配置できるというものです。3Dのモデルはアニメーションをつけたり、大きさや向きを自由に動かせるので、触ってみると以外にはまりそうです。
まだ未知数ですが面白そうなので新規の企画に盛り込もうと思っています。



今回の産業用バーチャルリアリティ展は、冒頭にも書いたように渋い内容になっている気がします。スペック五次元は3DCGの分野で頑張っていますので、現在のこの状況は寂しいです。
Webを活用した3DCGのコンテンツをどんどんドロップして、業界を盛り上げないと...
なんてふと思ったりもしました。
興味のある方は、本日のまでの開催なのでぜひご覧になってください。





WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/26

10:18

AR

最近、このブログでも毎週記事に取り上げられるARと言う表現方法。多方面の様々な分野で使われる事が多くなってきました。

以前、成田の記事にも書いてあったのですがARについておさらい。
------------------------
ARとは、拡張現実感の意味で、簡単に言うと、現実世界に情報の付加を与えるということです。最近では、PCなどのWebカメラにある特殊な用紙をかざすと、WebカメラのモニターにCGが表示するという仕組みをARと呼んでいますね。
------------------------

自分的には、マーカーを使用した手法ですとユーザー側が用意する物が多くなってしまいますので、今は発展中と言う事で良いとは思うのですがあまり普及しないと思っております。最近ではマーカーレスな手法も多くなってきており、普及するならこのやり方でしょうね。
また、ARは良くキャンペーンサイトなどで使われているケースが多くあります。もっと実用的に使えないのかなと思っていたら、先日、ニュースを見ているとGoogle Android向けに開発されたAR(拡張現実)を使った『Layar』と言うアプリがありました。これは、実世界をブラウジングできるブラウザで、GPSと電子コンパスを使用し、カメラで映している風景にショップなどの情報を表示する事ができます。
簡単に書くと、携帯電話のGPSやカメラ機能を使い、現実世界を映すと、例えばその映した先にホテルがあればそのホテルの情報が表示されると言う訳です。



今後、iPhoneでもこの機能が使えるアプリを出すらしいのですが、日本でも導入できたら視覚的に情報を得る事ができるので検索がしやすくなって良いかも知れませんね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/23

09:34

お知らせ

今回は告知です。弊社でWeb制作を担当させて頂いているオフィスクレッシェンドさんの超大作3部作、映画「20世紀少年」が8/29日から公開致します。

090618_0001.jpg
原作は浦沢直樹さんのマンガからという事ですが、VFXを担当したN-DESIGNの野崎宏二氏のインタビューによると、ロボットが街を歩くシーンは、コミックではかなりリアルに描かれていたため、それを再現するためのモデル制作には5ヶ月ほど要していたそうです。

ということで、ロボットは模型を使わずフルCGでの作成だったので、実写に馴染ませる部分などアニメーションのセットアップデータが重いため、計算が重くなりしょりが大変だったそうです。

確かに、これはわかりますね。静止画作成でもモデリングデータが重くなれば重くなる程、レンダリングの処理は遅くなりますし、それを見越したCG制作が必要になって来るのでしょうが、この辺りは、実際に映画館で見ながら感心したい所ですね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/19

01:13

デジタルサイネージ

今朝のニュースで、文部科学、経済産業、環境の3省は「スクール・ニューディール構想」の具体策で約3万2000校の公立の小中学校に電子黒板を行き渡らせると発表がありました。
電子黒板とは、50インチ以上の電子黒板機能付きデジタルテレビで、パソコン画面などをテレビに投影し、電子黒板上で図形を操作したり、電子ペンで文字を直接書き込んだりできるみたいです。
従来の黒板より、物事を視覚化して説明できるので、分かりやすい授業になるとか。近未来では、チョークでの授業はなくなってしまうのですね・・・。これはこれで寂しい気がします。

また、更に未来はマルチタッチを活用した電子黒板っていうのも出てくると思います。映画の司令室なような、ハイテクな授業が待っていると言う事になりますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/17

09:48

3D

画像処理、マシンビジョン関連機器の総合展示会の「09画像センシング展」をチェックするためパシフィコ横浜を訪問しました。
今年で15回目の開催となるのですが初めての訪問となりました。
RIMG0283.JPG
パシフィコ横浜での開催なのであまり規模は大きくないのですが、ソリッドレイさんのメルマガで開催を知り、3DやVR系の展示が有るようだったので、ビックサイトで同日開催の「デジタルサイネージジャパン」をキャンセルして見に行きました。

思惑通りというか3DやVR系の展示は少数だったのですが、印象に残った展示をいくつかご紹介したいと思います。




一番オモロイかったのはCRESCENTさんの「4D VIEW SOLUTIONS」でしょうか、簡単に説明すると7台のカメラで撮影をした物体がリアルタイムにモデリング!され、テクスチャーまで作成するシステムです。モデリングされたデータはVR空間に反映されつつ、モーションもキャプチャリングするので、不思議な感じがします。
フランスで開発され、ヨーロッパ内で数ヶ所設置されているようですが、詳しい導入事例はわかりませんでした。
技術的にはすごく先端なんですが、用途がいまいち思いつかないです。いただいてきたカタログでは、ゴルフのスイング解析?に利用しているのですがCGにする必要が有るのかは疑問が残ります...。
それとシステム価格がね...。

RIMG0287.JPG
これが「4D VIEW」の全貌です。


table3d.jpg
メルマガをいただいたソリッドレイさんの卓上立体ソリューションです。写真を撮影するのを忘れてしまったので、サイトから借用しました。メガネをかけて机の上を見ると立体に見えます。試みは非常に面白いですね。裸眼で立体に見えたらもっと素晴らしいのですね。


RIMG0284.JPG
TOPCONさんの非接触3次元計測器の「QM-3000」だそうです。デジカメで撮影した物体を3Dモデル化するソリューションです。営業のおじさんにいろいろと説明を聞いたんですが、やはり自動車は難しいようです。CG DATA BANKのモデリングを効率化できたらと思い、このような3Dスキャニング系のソリューションはいろいろと見聞きしているのですが、これは!というような物にはなかなか出会えないのが現状です。カタログやサンプルでは自動車が良く利用されるのですが、実際に聞いてみると「実は難しいんです」というのが実際のところのようです。人物や遺跡なんかは結構いけるみたいですけどね。


RIMG0288.JPG
KGTさんは「metaio」を展示していました。PCだけでなくiPhoneでもARを実現しています。KGTさんでの取扱はまだ始まったばかりのようで、料金設定等はこれから整備されるとのことでした。デモデータは特に目新しいものはまだ無いようです。
「metaio」は某印刷会社さんも担いでいるのですが、手を挙げると代理店になることは可能なのかな?是非とも良心的な料金設定になるように検討してもらいたいものです。
過去のWEB3Dの二の舞いにならないようにね。


RIMG0289.JPG
スリーディーさんの「地球儀型ディスプレイ」です。
マルイです。
丸いです。
何に利用したら良いのか妄想してみましたけど小さいんですよね。
サイズが大きくなるとデジタルサイネージのディスプレイとして活用できるかも!と思っていたらパンフレットに大きなサイズのディスプレイを利用してKIOSK端末にも利用できますと書いて有りました。レンタル価格しか書いていないのですが、恐らく高額商品ですね。
博物館とかに利用したら面白そうです。


写真は無いのですがパナソニック電工さんの「距離画像センサー」は使えそうな予感がしました。簡単に書くと、人物の距離やジェスチャーを1センチ単位でセンシングできる製品で、用途を模索しているようなので、デジタルサイネージでの利用に可能性があると思いました。非接触で画面をスライドさせるとかは簡単にできそうです。


画像センシング展の全体を見回すと、スペック五次元に関連する展示はごくごく少数でした。かつ、最終日にも関わらず、来場者数はかなり少ないように感じました。正直なところ来年はないな?と思いました。
6月24日〜6月26日にビッグサイト開催される「産業用VR展」に期待でしょうかね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/16

10:27

iPhone

アップルがiPhone 3Gの新モデル「iPhone 3GS」を発表しました。

3GSは何が変わったのかというと・・・


・容量の増加

 容量はこれまでの2倍となり、新たに32GBのモデルになります。

・スピードの向上

 iPhone 3GSは、スピードと性能が「iPhone 3G」と比べて最大2倍の高速化。

・高品質な300万画素のオートフォーカスカメラを搭載

 画面に映し出された映像にタッチするとそ部分にピントと露出、

 色調があうようになっております。

・ビデオ録画機能も搭載され編集までが出来るようになりました。

・ハンズフリーボイスコントロールが搭載されている。

 こちらは日本語にも対応していて、かなり制度がいいそうです!

・地図などに役立つコンパス機能の搭載。

 いま、自分が向いている方向にあわせて表示されます。


新OSとなる「iPhone OS 3.0」が搭載されており、

カット、コピー、ペースト、MMS、Spotlight検索、横長キーボードなど、

3Gで足りなかった機能、100以上の新機能が搭載されています。


日本国内での発売は6月26日になります!



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/15

17:26

デジタルサイネージ

6/10日~12日まで幕張メッセにてデジタルサイネージジャパンという展示会が行っております。弊社もデジタルサイネージの制作を行っているので、この機会に是非にと思い、デジタルサイネージ部隊が先ほど、会社を出発し見に行きました。


この3日間でサイネージの展示会も行いますが、4/23日~5/22に各企業や個人の方等、一般公開したデジタルサイネージや、デモ等を行った未公開デジタルサイネージを募集し、デジタルサイネージ実行委員会やデジタルサイネージコンソーシアム主幹の基、第一回デジタルサイネージアワードの授賞式も行うそうです。

特設サイト内で受賞作品が発表されておりましたので、私が気になった作品をご紹介致します。


コンテンツ受賞作品から

090611_002.jpg

















映画のプロモーションで使用されたデジタルサイネージです。これはARの技術を使用しているかと思いますが、大型ビジョンを使用したプロモーションにより、ユーザーには効果的なインパクトは与えられますね。肩に目玉の親父が・・・w

CORPORATE NAME:株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ
ENTRY TITLE:屋外大型ビジョンを活用したインタラクティブ・デジタルサイネージアド

技術受賞作品から
090612_001.jpg















こちらはDIESEL GINZAにあるインタラクティブミラーというデジタルサイネージです。

これは、アパレルショップで試着した際に後ろや横向き等、試着イメージで見づらい部分を撮影して

閲覧出来るサイネージです。これは店舗として実用的なアイディアかと思いますが、鏡で見た方が簡単に見れるという点が懸念されますが、サイネージとして実用性があるコンテンツかと思いました。


CORPORATE NAME:株式会社 ノングリッド
ENTRY TITLE:Interractive Mirror(R)

景観受賞作品から

090611_003.jpg















こちらは東京ミッドランドにある館内マップのタッチパネルサイネージにイベントライブ映像配信も行っているデジタルサイネージです。見せ方も、PV3Dを使用した館内フロアなど見やすい作りになっているかと思いますが、やはりライブイベントの映像配信が目玉でしょうか。今後の館内マップの定番になりつつありますね。


CORPORATE NAME:ピーディーシー株式会社 
ENTRY TITLE:ライブ配信サイネージ&タッチパネルサイネージ

まだまだ受賞したサイネージはありますが、すべてご紹介出来ないので抜粋してしまいました。詳しくは特設サイトから閲覧出来ます。

今後も日進月歩で伸びて行くであろうデジタルサイネージですが、来年の第二回では、またかなり違ったデジタルサイネージが見れるかと思います。それを思うと今から楽しみになってきますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/12

11:07

今年も「交通/OOH メディア活用ガイド2009発売」が発売されました。この本は、タイトル通り交通/OOHの実績が多数紹介されております。この本を見て思うのが、普通のポスターではなく枠を超えた面白い手法でいかに消費者に目を向けさせるかに力を入れてる事が分かります。
先日、ご紹介したゲリラマーケティングのような手法で、日本の町中にある広告も面白くなってきた事が分かりました。

ooh09_l.jpg

その中でも、面白いなと思ったのは「出演タレントがノルマを達成しないと隠されてしまう屋外広告」です。「gooからだログ」(画像)のキャンペーンなのですが、売り出し中の5人の若手タレントが四分の三隠れた状態で掲載され「gooからだログ」を使い体作りに挑戦し、ノルマが達成していれば隠れた箇所が取れて自分をアピールできる企画です。WEBで現在の健康状態をチェックできるので、屋外広告を見てからWEBをチェックしたり、 WEBを見てから屋外広告をチェックしたりするスピーディーに連動性を持たせる事ができたようです。

このような事は結構町中で展開されていたりするので意識しながら、歩いていると色々な発見をする事ができとても面白いですよ。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/09

09:53

3D

3DCGと言えば平面的な2Dではなく、立体的な3Dというイメージがありますが、最近は、さらにその画面から出て来るステレオスコピック・テクノロジーを使用したステレオスコピック 3D (S3D)映像というが出て来ましたね。ステレオスコピック・テクノロジーとは、「立体知覚」という事で、人間の両眼視の特徴を利用して、奥行きの錯覚を生み出し、対象がスクリーンの前方や後方にあるように見せることを言います。


特に映画の分野で使われる事が多くなり、映画「シュレック」、「マダガスカル」「Monsters vs. Aliens」などに使用されていまして、最近ですと「バスカッシュ!」(MBS・TBS系にて放送中)のショートムービー版が東京国際アニメフェア2009にて特別上映されました。


4232_01.jpg

この技術ですが、Autodesk® Maya®Autodesk® Toxik™Autodesk® Lustre®などにステレオスコピックに対応した機能を搭載しているそうです。


やはりVFX系のアプリはMAYAが一番なのでしょう。

弊社では、3dsMAXを使用しておりますが、VFXなども手がけるようになれば、MAYAに乗り換えないといけませんね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/04

22:45

デジタルサイネージ

今週はウィンドウやウォールを利用したデジタルサイネージを集めていて気になったムービーをみました。
2008年に展開されたプロジェクトも多いので実例としては少し古いですけどね...。


Euroshop 2008 interactive windiow screen
まずは、時計の3Dモデルを用いたデモです。
ムービでは分かりにくいのですが、画面?ウィンドウには接触していないようですね。
多くの人が利用するので、運用を考えると非接触の方がメンテナンスを考えると良いですね。


Interactive Magic Book at Nike Store in Barcelona
同じく非接触のサイネージですが、少し離れたところにページを進めたり戻したりするデバイスを利用してインタラクティブにしています。
画面内の演出自体は、通常のブックナビゲーションですが、このデバイスが効いていますね。画面の近くではなく少し離れたところから非接触で動かせるのが気持ち良さそうです。


Nike Run On Air

またもやナイキの展開例ですがこちらも非接触ながら、人間を関知して影のようにスオッシュのグラフィックを画面内に描画するシステムですね。フキダシステムさんの仕組みと同様だと思いますが、人間全体がトリガーになるのでアピール度は非常に高いですね。


Multi Touch Music Wall
デジタルサイネージというか、エンターテーメント用のサンプルに近いですが妄想を膨らます意味では面白いサンプルだと思いました。マルチタッチや音がでるとか、iPhoneのアプリケーションみたいですね。触ってみたいです。


Adobe Interactive wall at Union Square

Adobeのプロジェクトのようですが、かなりアートスティックなサンプルです。残念なことに反応が遅いので気持ちよくないですが、キレイなグラフィックだったのでブックマークしちゃいました。けど何を伝えたいのかよく分かりませんです。


Fiat Interactive Wall
自動車メーカーのFiatのプロモーションのようです。前述のAdobeと比較するとだいぶ、軽く動くコンテンツです。しかし、画面の近くで操作が必要なデジタルサイネージは全体像が把握できなくて、ユーザーに対して情報を伝えるというよりも、インタラクティブを楽しむという方向になってしまいますね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/04

11:04

サービス

ゲリラマーケティングってご存知ですか?
屋外広告のような映像やポスターを使った広告展開ではなく、リアルな日常に突然何かを起こすような手法です。言わばドッキリのような気がしますがとてもユーモアとインパクトがあると思います。

例えば、ガラス洗剤を販売する会社のゲリラマーケティングですが、ガラスを運ぶ際に使う道具を使って、三人の男が街中を歩き通行人の邪魔をします。でも、実はガラスは持っていなく、持っているように見せながら動いているのです。その男達が着ている作業着には、「ウィンデックスのガラス用洗剤は目に見えないほどキレイなガラス」の文字と書いてあります。



このような手法は、海外では増えてきているようですが、日本ではあまり見かけませんね。
昨今、CMではなく屋外広告への出稿が増えてきていますが、その流れで日本でもこのような広告手法が増えてくるかも知れませんね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/03

09:22

モバイル

Docomo から Andoroid携帯が6月〜7月に出る予定ですが、
ちょっとiPhoneと比較をしてみようかと思います。

m_imag01.jpg
大体の機能はスマートフォンの機能として大体同じですが、
iPhone に無くてAndroid ある機能などを紹介します。

1.トラックボール
 Androidはトラックボールノ搭載です。
 iPhoneよりディスプレイが小さい分、トラックボールを搭載して
 使いやすくしているそうです。拡大縮小もトラックボールで可能。

2.磁気センサー
 大きな違いはGoogleのストリートビューです。
 iphoneでもストリートビューはみれるのですが、
 Andoroidでストリートビューを見ると、
 磁気センサーで自分の向きを変えるだけで、
 それに合わせて目の前の風景が変化します。
 「自分がその場所であたりを見渡す感覚」が体験出来るので。
 
3.Gmail
 もちろん使えますが、メール機能としてはiPhoneと比べ
 表示にすこしストレスを感じてしますそうです。
 iPhoneの場合はスクロールをしてもサクサク表示されますが
 Androidはスクロールをするとメールの読み込みにすこし時間がかかるそうです。 

4.動画
 Android携帯には動画撮影が標準で搭載されました。
 撮影した動画はYoutubeに直接あげる事も可能だそうです。


他、iPhoneでは伸びているアプリ関係ですが、Androidoも同じようにアプリがあります。
iPhone は Objective-Cベースでの開発になりますが、Androidは Java SEでの開発になります。Java SEでの開発の方が作りやすいそうでうがアプリの普及率は当分はiPhoneには適わない?とは思いますね・・・


 

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/02

09:56