3D

3DCGと言えば平面的な2Dではなく、立体的な3Dというイメージがありますが、最近は、さらにその画面から出て来るステレオスコピック・テクノロジーを使用したステレオスコピック 3D (S3D)映像というが出て来ましたね。ステレオスコピック・テクノロジーとは、「立体知覚」という事で、人間の両眼視の特徴を利用して、奥行きの錯覚を生み出し、対象がスクリーンの前方や後方にあるように見せることを言います。


特に映画の分野で使われる事が多くなり、映画「シュレック」、「マダガスカル」「Monsters vs. Aliens」などに使用されていまして、最近ですと「バスカッシュ!」(MBS・TBS系にて放送中)のショートムービー版が東京国際アニメフェア2009にて特別上映されました。


4232_01.jpg

この技術ですが、Autodesk® Maya®Autodesk® Toxik™Autodesk® Lustre®などにステレオスコピックに対応した機能を搭載しているそうです。


やはりVFX系のアプリはMAYAが一番なのでしょう。

弊社では、3dsMAXを使用しておりますが、VFXなども手がけるようになれば、MAYAに乗り換えないといけませんね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/04

22:45

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ステレオスコピック 3D、略してステレオ3D

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/196

コメントする