広告

2009年08/01〜08/17までに募集しているYahoo!Japan インターネット クリエイティブアワード2009。鋭い感性をもったクリエーターの可能性を探り、才能ある表現者たちを発掘・支援していくために行われているアワードです。

この広告を、Web Designingの8月号で見かけたのですが、その広告内容が面白く、Web制作会社で働いている人は"ぷっ"と笑ってしまうのではないでしょうか?
例えば、こんな愚痴・・・

/太陽の光を浴びたい
/ウェブブラウザは1種類でいいと思う
/ディレクター安請け合いしすぎ
/アートディレクターが意味不明
/覚える事が多すぎる
/行きたいライブをキャンセルした
/こちらの環境だとレイアウトが崩れます
/おにぎりしか食べてない
/寝袋恐怖症
/隣の人がTwitterばかりしている

などなど。
こんな愚痴を言う場ではないのですが、こんな事を心に秘めながら、優秀な作品を作成しているクリエイターを応援しますという事ですね。

本日で69名の、クリエイターが応募していました。
グランプリは100万円もらえるそうなので、僕だったらバイク改造費に当てますが、皆さんだったらどのように使いますかね?

ちなみに愚痴の部分で

"こちらの環境だとレイアウトが崩れます"

・・・わかります。

"ウェブブラウザは1種類でいいと思う"

・・・わかります。

どーにかならんもんですかね?



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/12

16:03

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Web制作会社で働く人の小言

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/227

コメントする