ビジネスを考える

先週になりますが、5月16日(水)〜5月18日(金)にアジア最大の学校向けIT専門展、第三回教育ITソリューションに行って来ました。

教育系のコンテンツやソリューションの展示会という事で、昨年に引き続き動向を伺いに行きました。
全体を見てみて教育業界のデジタル化は、文部科学省や総務省管轄の【フューチャースクール推進事業】や、【学びのイノベーション推進協議会】【ICT総合戦略】などの指針を元に活動を行っていると思いました。

展示ブースは、ハード側としてやはり電子黒板、電子ボードがかなり目立っておりました。昨年から大きな変化は内容に思えましたが、学校側での問題点(蛍光灯に反射する、配置、文字の鮮明度合い)を考慮した機器になっておりました。

またソリューションとしては、NTTグループの教育スクウェア×ICTが面白かったですね。簡単にいうと、クラウド化したコンテンツ(生徒側:学校ポータルサイト、デジタル教材ライブラリー、安全連絡網、先生側:LMS、授業シナリオ作成ツール、校務支援システム)を家庭や学校内で扱えるソリューションという事でした。実現出来れば予習復習教材と学校の授業内容がリンクし、且つ先生方の授業前作業等の軽減が実現出来るのではないかと思いました。

来月はDittで行なわれるデジタル教科書教材協議会シンポジウムや文部科学省で行なわれる学びのイノベーション推進協議会に行き、動向を伺って来ようかと思いますので、その時にまたブログを更新致します。

ではでは


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/25

18:46

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 教育ITソリューションに行って来ました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://spec5zigen.com/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする