akira: 2008年8月アーカイブ

Director

Webサイトの視聴率はユーザーのアクセス数で決まりますが、ディレクターの方々はWeb制作、特にリニューアル時にアクセスログを検証しながら、リニューアルプランを立てるかと思います。

そこで今回は、アクセスログ解析の基本的な部分をご紹介したいと思います。

まずは、アクセス曜日と&時間帯とドメインによるターゲット推定です。
土日のアクセスが多いのか、平日が多いのか、もしくは夜アクセスが多いのかなどです。
そこから、就業している人が多いのか、主婦層なのが多いのか、もしくはビジネスユーザーが多いのかなどが推定出来るかと思います。

次にリンク元によるターゲット推定です。
Referer(元のリンク先)があるか、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)ポータルからのアクセスが多いのか、または検索エンジンからのアクセスなのか、などがそれに該当します。ここでわかる事は、Refererなしと言う事は、ブックマークからリンクという事に成るので、ユーザーはそのサイトは常連さんという方になります。またポータルから来る方は、リテラシーがあまり高くない、ユーザーと推定出来ますし、検索エンジンから、特に、複合のキーワードからの検索ユーザーはリテラシーが高い、ユーザーと推定出来ますね。

もう一点は、回遊傾向からの推定です。
ここは、サイトにいる時間が長いか、短いか、または直帰しているかと言う点です。
直帰しているユーザーは、TOPページがわかりにくい等のデザイン面での、欠点や、検索キーワードでの引っかかりが、マッチしていない方等が想定出来るかと思います。
回遊時間は、そのサイトに興味が有るかないか、読み物が多ければその分、回遊時間は稼げますので、回遊時間が短いサイトはコンテンツの見直しが必要と言う事が推定出来るでしょう。

これはあくまで、基本の基本です。私も勉強中ですが、このアクセスログの解析は、Web制作にとってとても重要なマーケティング要素に成っております。

皆さんも、データを見たときは、上記を気を付けて見てみて下さい。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/31

21:27

Webディレクション

最近のWeb制作では、W3Cが推奨する制作方法にて、以前よりも明確化されてきておりますが、中身の構成などは、マーケティング手法の違いや、クライアントの考え方などで、案件によってバラバラかと思います。

実際にWeb制作側はどのような視点で考えていけば良いか、考えていきたいと思います。

ユーザービリティ・アクセシビリティは問題ないか?

まず該当サイトへのターゲットに対して、使い勝手が良いか、可読性、探しやすさなどの視点から評価していきましょう。私の考え方は、かなり偏ったサイト(デザイン性に特化していてユーザビリティーが悪いサイト)でもターゲットによっては問題ないと考えますが、一般的には皆使いやすいサイトを基本に考えた方が良いかと思います。

コンテンツ&サービス実装が出来ているか?

該当サイトのコンテンツなどが、競合他社と比較して質・量の両面で優位にあるかなどです。Webサイトをリニューアルする際に、競合他社のサイトは調査するかと思いますので、ここは皆さんも問題ないかと思います。他社とは違った切り口で、コンテンツが作成でき、さらにターゲットユーザーのニーズにマッチしているかなどが出来ているとベストと言えるでしょう。

ブランディング表現が出来ているか?

企業やサービスに対してのブランディングがサイトに反映しているかという視点になります。ブランドを下げる様な表現などは、もってのほかですが、ここでも競合他社がどのようなブランディングを行なっているかは調査した方がよいでしょう。

IAからなる導線は問題ないか?

IA(インフォメーションアーキテクチャー)などの、Webページに記載するテキストの情報整理から、ページ下部、または次ページに続く導線などがうまく繋がっているか?またユーザーの能動的な動きを読みながら作成出来ているかなどの評価になります。
これはライターと、クライアントが求めている表現方法などを読み取り、打合せを重ねて作成する必要があります。

ウォークスルー評価で問題点はないか?

これはペルソナマーケティングを使用してターゲットユーザーの導線シナリオ、情報構造などの問題点を絞り出す方法です。これはペルソナマーケティングの精度が高いと導きだせますが、曖昧な形でのペルソナですと、うまく導きだせないので、気を付けた方が良いでしょう。

このような点を注意しながら、Webを観てみると、リニューアル時の問題点などに大きく繋がり、提案出来るかと思います。




WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/23

21:46

ディレクター

WEBリニューアルを依頼された場合、皆さんはまず何をおこないますか?

競合他社のサイトを分析する、または自社のサイトを分析するなど、現状把握・現状分析を行うかと思いますが、企画を練る段階でまずはそのサイトは何をするサイトなのか、また何を目的としてリニューアルをおこなうのか?という点を忘れないで、作業を進めて行くのが賢明だと思います。

目的がブレてしまうと、そこからのデザイン、機能などがマッチしなくなり、結果何を言いたいサイトなのか分からなくなってしまいます。

また、クライアントの意見(発注者サイド)は重要視した方が宜しいですが、たまに、偏った意見が出てしまう場合があります。それは業界において、長く携わっていると見えない部分が出て来てしまい、その意見で思わぬ方向に向ってしまう場合があります。

その場合は、まずはユーザー視点に立って物事を考えて下さい。

発注しているクライアントは、自分達が作りたい方向に意見を取り入れるのは当たり前ですが、制作サイドは第三者の視点を持ち、クライアントのエンドユーザーの視点で物事を見て、話を進めるのが賢明かと思います。

"何か、案件が進まないな〜""うまく行かないな〜"なんて時は、結構こんな所が動脈硬化起こしている場合がありますよ。






WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/13

21:22

Director

私達、Webディレクターは案件を制作する時に、一番の役割としてプロジェクトマネージメントが有ると思いますが、このプロジェクトマネージャー(PM)と言う役割・・・かなり出来ている時と出来ていない時があります。

それは、クライアント(発注者側)にPMが存在していない時、また制作者側にPMが存在しない時があります。プランナー(もしくはプロディーサー)、Webディレクター、アートディレクターなど、プロジェクトを中心に動かす人が多数いるプロジェクトの場合、皆、まとめようと思う気持ちが発生して、どの人が意見をまとめるかがブレてしまう場合と、逆に意見をまとめようと思う人がいない場合とがあります。

前者はまだ良いかと思いますが、後者は進めていくに連れて、案件はまとまらない方向に向っていきますね。

なので、自分の立場を理解して、今回の案件はPMの役割は自分だ!また、この案件は○○さんがPMなので、私はディレクターに専念しようなど、ケースバイケースで考えていかないとスムーズに進まなくなりますよね。

フレキシブルなモノの考え方が出来るといいですね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/09

20:04