ARの最近のブログ記事

AR

最近、このブログでも毎週記事に取り上げられるARと言う表現方法。多方面の様々な分野で使われる事が多くなってきました。

以前、成田の記事にも書いてあったのですがARについておさらい。
------------------------
ARとは、拡張現実感の意味で、簡単に言うと、現実世界に情報の付加を与えるということです。最近では、PCなどのWebカメラにある特殊な用紙をかざすと、WebカメラのモニターにCGが表示するという仕組みをARと呼んでいますね。
------------------------

自分的には、マーカーを使用した手法ですとユーザー側が用意する物が多くなってしまいますので、今は発展中と言う事で良いとは思うのですがあまり普及しないと思っております。最近ではマーカーレスな手法も多くなってきており、普及するならこのやり方でしょうね。
また、ARは良くキャンペーンサイトなどで使われているケースが多くあります。もっと実用的に使えないのかなと思っていたら、先日、ニュースを見ているとGoogle Android向けに開発されたAR(拡張現実)を使った『Layar』と言うアプリがありました。これは、実世界をブラウジングできるブラウザで、GPSと電子コンパスを使用し、カメラで映している風景にショップなどの情報を表示する事ができます。
簡単に書くと、携帯電話のGPSやカメラ機能を使い、現実世界を映すと、例えばその映した先にホテルがあればそのホテルの情報が表示されると言う訳です。



今後、iPhoneでもこの機能が使えるアプリを出すらしいのですが、日本でも導入できたら視覚的に情報を得る事ができるので検索がしやすくなって良いかも知れませんね。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/23

09:34

AR

最近、営業先でもよくARの話をよく聞きます。

ARとは、拡張現実感の意味で、簡単に言うと、現実世界に情報の付加を与えるということです。最近では、PCなどのWebカメラにある特殊な用紙をかざすと、WebカメラのモニターにCGが表示するという仕組みをARと呼んでいますね。


そのAR、弊社ではデジタルサイネージ、CG、FLASHと制作を行なっているので、何か絡めないかと模索しているのですが、ここぞという、実用性があまりないのが現状でした。海外では、クルマのパンフレットに使われたり、レゴ社のおもちゃの中身をCGで見える様な筐体があったりしたのですが、日本での実績はあまり見かけませんでした。


そんな中、営業会議でARについて話をしていた所、子どもが遊ぶカードゲームにARを使ったらどうか?などと話をしていたら、海外で行なっていました。



ちょっと、悔しいですね。

でも、ベースボールカードで好きな選手が当たって、その選手が立体的に出て来るのは、子供達はとてもうれしいですよね。ちょっとしたゲームも出来るそうですよ。


また、日本では、大日本印刷が、ARを使った美術館、「ルーブル-DNPミュージアムラボ」が開催されています。展示している作品をじっくり堪能できる仕掛けが施されているそうです。

こんな感じで、これからもいろいろと出て来るのでしょうかね???


ちなみに、私のイニシャルはAYです。

全然関係ないのですが、なんとなく。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/25

12:00

2009年6月: 月別アーカイブ