ディレクター: 2009年2月アーカイブ

Webディレクション

最近、制作ディレクションをしながら、新規営業を営業の成田氏と共に行っております。

Webからのお問合わせでお伺いする事も多いのですが、やはり新規営業となると、空気感、アピールポイントなどが重要だな~とつくづく思いながら、伺っておりますw


いろいろな企業と話をしていて思ったのが、皆さん、結構この不況をあまり気にしていない感じがしています。まー、あからさまにヤバいと言う空気があれば、新規営業のAPOなども取らないかと思うのですが、それでもちょっとは影響が出てもと思いますが、それよりも仕事が多い感じがしております。


現状、2008年下期の予算で動いているという状況があるので、4月からが勝負だな!と弊社の役員とは話をしているので、この先なんとも言えない所はありますよね。


ある制作会社さんのプロデューサーの方とお昼を食べながら話をしていたら、仕事自体の数は減ってはいない。逆に、増えている感じがするが社内のデザインなどのスキルがちょっと前より落ちているので、取りこぼす可能性があると言っていました。人の入れ替えが多いと言うのが原因らしいですが・・・会社によって悩みは別ですね。


その方と話をしていて、作品のクオリティーバランスがわからない会社は、仕事が振りにくいという点で論議を交わしていました。確かに、皆、ある一定のクオリティーまでは出せても、そのクオリティーを保つと言うのがとても難しいように思えます。制作者のスキルと言う点もありますが、人の入れ替えなどで変わる場合もありますし、日々進化している業界なので、それに付いて行きながら、実際の制作も回すという業務なので、会社内のレギュレーションなど年一回の更新を行いやっていかないと、いつの間にかクオリティーバランスが崩れている結果になっていると思います。


また、ディレクターの確認するポイントなども日々進化しているかと思いますので、ここのチェックももれない様にしないと、バランスが崩れますよね。


それを怠り、日々を過ごすと、仕事が来ないと言う状況に陥る・・・

悪循環ですよね。


社内ラーニングの部分で、レギュレーションを定めながらそれを更新して行くと言う事と、確認に重視し、クリエーターとディレクターとで話を詰め、その結果をクライアントに提出する。


様は、基本を忘れずにと言う事です。


初志は忘れてはいけませんね~。肝に命じておきますw



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/06

00:27