デジタルサイネージの最近のブログ記事

デジタルサイネージ

デジタル掛軸ってご存知でしょうか?ご存知の方もいるかも知れませんが、デジタル掛け軸とはアーティストの長谷川章さんがやっている「D-Kプロジェクト」と言うアート手法です。自分も始めて聞いた時は意味不明だったのですが、株式会社ピーディーシー様の5周年パーティーの時に知り、その後に色々と調べたりして作品を見たのですが、コリャ凄いとびっくりしました。

何が凄いって見て頂ければ理解すると思うのですが、例えば由緒ある寺の外観にプロジェクタを何台も当てて、そこにVJで使われるような映像を建物のディテールなども考慮した上で、映し出して1つの作品にしているのです。また、その映像が動くので奥行き等も加わり何とも言えない感覚になってしまいます。



海外での作品もたくさんあるのですが、日本では、熊本城や大阪城、六本木ヒルズなどでもLIVE を行ったようです。サイトでは写真がたくさん掲載しているので見てみてください。

このような映像表現が町中にたくさんあったらどんなになるんだろうか?
例えば、「BIG SHADOW PROJECT」のような街を使ったキャンペーンのように、渋谷のスクランブル交差点でこの手法を使ったイベントなんかあったらかなり面白そうだなとか思いました。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/30

09:17

デジタルサイネージ

今朝のニュースで、文部科学、経済産業、環境の3省は「スクール・ニューディール構想」の具体策で約3万2000校の公立の小中学校に電子黒板を行き渡らせると発表がありました。
電子黒板とは、50インチ以上の電子黒板機能付きデジタルテレビで、パソコン画面などをテレビに投影し、電子黒板上で図形を操作したり、電子ペンで文字を直接書き込んだりできるみたいです。
従来の黒板より、物事を視覚化して説明できるので、分かりやすい授業になるとか。近未来では、チョークでの授業はなくなってしまうのですね・・・。これはこれで寂しい気がします。

また、更に未来はマルチタッチを活用した電子黒板っていうのも出てくると思います。映画の司令室なような、ハイテクな授業が待っていると言う事になりますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/17

09:48

デジタルサイネージ

6/10日~12日まで幕張メッセにてデジタルサイネージジャパンという展示会が行っております。弊社もデジタルサイネージの制作を行っているので、この機会に是非にと思い、デジタルサイネージ部隊が先ほど、会社を出発し見に行きました。


この3日間でサイネージの展示会も行いますが、4/23日~5/22に各企業や個人の方等、一般公開したデジタルサイネージや、デモ等を行った未公開デジタルサイネージを募集し、デジタルサイネージ実行委員会やデジタルサイネージコンソーシアム主幹の基、第一回デジタルサイネージアワードの授賞式も行うそうです。

特設サイト内で受賞作品が発表されておりましたので、私が気になった作品をご紹介致します。


コンテンツ受賞作品から

090611_002.jpg

















映画のプロモーションで使用されたデジタルサイネージです。これはARの技術を使用しているかと思いますが、大型ビジョンを使用したプロモーションにより、ユーザーには効果的なインパクトは与えられますね。肩に目玉の親父が・・・w

CORPORATE NAME:株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ
ENTRY TITLE:屋外大型ビジョンを活用したインタラクティブ・デジタルサイネージアド

技術受賞作品から
090612_001.jpg















こちらはDIESEL GINZAにあるインタラクティブミラーというデジタルサイネージです。

これは、アパレルショップで試着した際に後ろや横向き等、試着イメージで見づらい部分を撮影して

閲覧出来るサイネージです。これは店舗として実用的なアイディアかと思いますが、鏡で見た方が簡単に見れるという点が懸念されますが、サイネージとして実用性があるコンテンツかと思いました。


CORPORATE NAME:株式会社 ノングリッド
ENTRY TITLE:Interractive Mirror(R)

景観受賞作品から

090611_003.jpg















こちらは東京ミッドランドにある館内マップのタッチパネルサイネージにイベントライブ映像配信も行っているデジタルサイネージです。見せ方も、PV3Dを使用した館内フロアなど見やすい作りになっているかと思いますが、やはりライブイベントの映像配信が目玉でしょうか。今後の館内マップの定番になりつつありますね。


CORPORATE NAME:ピーディーシー株式会社 
ENTRY TITLE:ライブ配信サイネージ&タッチパネルサイネージ

まだまだ受賞したサイネージはありますが、すべてご紹介出来ないので抜粋してしまいました。詳しくは特設サイトから閲覧出来ます。

今後も日進月歩で伸びて行くであろうデジタルサイネージですが、来年の第二回では、またかなり違ったデジタルサイネージが見れるかと思います。それを思うと今から楽しみになってきますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/12

11:07

デジタルサイネージ

今週はウィンドウやウォールを利用したデジタルサイネージを集めていて気になったムービーをみました。
2008年に展開されたプロジェクトも多いので実例としては少し古いですけどね...。


Euroshop 2008 interactive windiow screen
まずは、時計の3Dモデルを用いたデモです。
ムービでは分かりにくいのですが、画面?ウィンドウには接触していないようですね。
多くの人が利用するので、運用を考えると非接触の方がメンテナンスを考えると良いですね。


Interactive Magic Book at Nike Store in Barcelona
同じく非接触のサイネージですが、少し離れたところにページを進めたり戻したりするデバイスを利用してインタラクティブにしています。
画面内の演出自体は、通常のブックナビゲーションですが、このデバイスが効いていますね。画面の近くではなく少し離れたところから非接触で動かせるのが気持ち良さそうです。


Nike Run On Air

またもやナイキの展開例ですがこちらも非接触ながら、人間を関知して影のようにスオッシュのグラフィックを画面内に描画するシステムですね。フキダシステムさんの仕組みと同様だと思いますが、人間全体がトリガーになるのでアピール度は非常に高いですね。


Multi Touch Music Wall
デジタルサイネージというか、エンターテーメント用のサンプルに近いですが妄想を膨らます意味では面白いサンプルだと思いました。マルチタッチや音がでるとか、iPhoneのアプリケーションみたいですね。触ってみたいです。


Adobe Interactive wall at Union Square

Adobeのプロジェクトのようですが、かなりアートスティックなサンプルです。残念なことに反応が遅いので気持ちよくないですが、キレイなグラフィックだったのでブックマークしちゃいました。けど何を伝えたいのかよく分かりませんです。


Fiat Interactive Wall
自動車メーカーのFiatのプロモーションのようです。前述のAdobeと比較するとだいぶ、軽く動くコンテンツです。しかし、画面の近くで操作が必要なデジタルサイネージは全体像が把握できなくて、ユーザーに対して情報を伝えるというよりも、インタラクティブを楽しむという方向になってしまいますね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/04

11:04

デジタルサイネージ

ホログラムと言えば、映画の世界で見かけた事があり未来ってこんな感じになるんだろうな〜と思っていた技術ですが、年々、技術開発が進み遂にホログラムの現実的な使用ができるようになってきました。海外では、閉店した店舗内にホログラムを使った映像を流し人の目をひきつけられるような宣伝として使っているケースがあります。

今回、紹介するのは大掛かりな装置を使っていますが、かなり綺麗に映像を映す事ができるので、モーターショー等の企業ブースで使えたらかなりインパクトをつける事ができると思います。クラブ等でもVJがスクリーンのみではなく、空間も表現の場として使う事ができると思います。



まだ、映像の質感やコストの問題などたくさんあると思いますが、これがお手頃価格になり小型化してきたら結構いろんな所で使えるのではと思います。映画の世界で良くある、通信相手が立体で出てきてやり取りができるようになるのは、かなり近い未来かも知れませんね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/26

08:53

デジタルサイネージ

タッチパネルと言えば、ディスプレイを触ると用意されたコンテンツが操作できる物ですが、今回紹介するのは、どこかの先生が黒板に書かれたボタンをPCに認識させて操作できるシステムを開発していました。

この動画を見ると、まずはPCにセンサーとなるコードを繋ぎ、黒板に取付けます。黒板にボタンらしき四角の絵を書き、それがボタンである事をPC側に認識させています。認識が完了すると、黒板に書かれたボタンの絵が、本当のボタンになりPCを動かす事ができるようになります。



黒板で出来るのであれば、色々なシーンで汎用性が持るかもしれません。そうなれば、街にある色々な物が外部デバイスとして活用できたりするかもですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/20

14:41

デジタルサイネージ

最近、気になるハードで一昨年くらいから話題になった「Microsoft Surface」と言う物があります。簡単に説明すると高機能のタッチパネルテーブルとでも言うのでしょうか?中身は、30インチのタッチスクリーンが付いていてキーボードもマウスも使わずにコンテンツを操作する事ができます。以前にも紹介したマルチタッチの技術を使っております。
レストラン等に設置して、お勧めの商品を紹介したり注文したりする事ができるようです。また、ICカードを認識するので、会員カード何かと連動して、以前食べた物からお勧めを出したりする事も可能ですね。日常での選択の幅が広がりおもしろそうですね。

また、医療の分野でも活用する事が可能のようです。
従来のPCモニタを見ながらの説明ではなく、Microsoft Surfaceを使い指で操作しながら患者様に説明をする事も可能です。



このように様々なシーンで活用できるMicrosoft Surfaceに期待ですね。

Microsoftは、球体マルチタッチディスプレイの開発も進んでいるようです。
この技術もおもしろそうですね〜。





【WEB・3DCG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社】
 スペック五次元のホームページはこちら

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/07

09:04

デジタルサイネージ

-------------
東京急行電鉄は、NEC、大学共同利用機関法人、東急エージェンシーと共同で、新しい街づくりを実現するサービスとして、街の盛り上がり状況を大型液晶ディスプレーに表示する「盛り上がりマップ」を東京・自由が丘駅周辺で試験運用し、同マップが街を訪れ る顧客の滞在時間や回遊性向上に効果があることを実証した。
-------------

これは、「盛り上がりマップ」に参加してくれるモニターに、街を訪れた時に店舗内の様子や感想などを、携帯、各店舗のセンサー端末、専用ブログなどへ書き込んでもらい情報を収集し、駅前などに設置した大型ディスプレイ内に表示されたマップにどこが盛り上がってるか可視化するそうです。
口コミが可視化されているので、いちいちネットでどこがお勧めなポイントだとか調べる手間が省けるのが良いですね。また、盛り上がってないポイントの店舗の人も何とかしなきゃなと重い腰を起こすと思うので、全体的な商店街の活性化にも繋がりますね。
このような、一目で何かが分かるデジタルサイネージってとても良いと思いますね。

ふらっと訪れた街で、この情報をもとに散策するのもおもしろそうですね。
是非、色々な街に置いて欲しい端末ですね。


【WEB・3DCG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社】
 スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/24

09:19

デジタルサイネージ

先日、福岡に行ってきました。そして福岡から車をかっ飛ばし目的だったミニマムインターフェース展の最終日に滑り込みで行ってきました。想像以上に良い作品が展示されて見に行って良かったです。子供でも、遊びながら触れる「on the Fly」と言うデジタルサイネージがやっぱり凄かったです。詳しい事は、中原ブログにしっかり書いてあるのでそちらを参考にしてください。

その道中で久しぶりに行った空港がデジタルサイネージだらけでビックリしました。まずは、羽田空港ですが、何年か前からデジタルサイネージの導入が目についていましたが、コンテンツのデザインも格段に良くなり、見やすく分かりやい感じになっていました。こうした広告ではくインフォメーションボードとして活用するデジタルサイネージは、コンテンツもそうですが、デザインに力を入れないと、と再認識しました。今回、羽田空港で目を引いたのが、入館チェックを終えると、ドーンと待ちかまえている「搭乗口案内」の筐体です。何だか、もの凄いインパクトのあるデザインでした。

羽田2

搭乗口に向かう待合いロビーには、様々なメーカーの薄型テレビが待ち構えています。
最新の薄型テレビ事情を知るには、電機屋か空港でチェックするのが良いのかな??

そして、福岡に到着するとロビーにあった各交通手段の乗り場案内サイネージ。何気にCGを使っているのが見やすくて良い感じでした。

福岡

COMEL社が提供しているデジタルサイネージも見つけました。
同じ映像が流れているのが不思議に思ってしまいました。

KC3A0168.jpg

まだまだ、細かいのも合わせるとたくさんのデジタルサイネージを発見する事ができました。こうやってデジタルサイネージを気にして空港を散策してみてはいかがですか??

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/24

18:22

3D

弊社では、Flashと3Dを活用したコンテンツ制作の開発をしておりますが、デジタルサイネージでPapervision3Dを使用した例を見つけましたのご紹介します。
昨年開催された、デジタルアートフェステバルと言うデジタルアートの祭典の中で、株式会社REACTORさんが展示された「Ubiq'window+ActionScript 3.0」と言うコンテンツです。
マルチタッチを採用した画面にPapervision3Dを仕様したコンテンツが遷移します。動画を見ていると軽快に動作している訳ではないのですが、通常のFLASHと組合わせた表現方法など良い感じだと思いました。このように、街中にあるデジタルサイネージにも3Dが活用されていくと、表現方法も増えますし、ますますFlashコンテンツの需要が増えてくると思います。

他にも3Dを使ったデジタルサイネージがないかと、お得意のyoutubeサーフィンをしていると見つけてしまいました。詳細は不明ですが、3Dオブジェクトが軽快に動いております。展示会で機械物を扱う企業様など、活用方法があるのかな?と思います。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/17

09:21