デジタルサイネージ: 2009年1月アーカイブ

デジタルサイネージ

またもやCESネタですが、とても良いコンテンツを見つけましたのでご紹介します。
サムスンのブースで展示されたコカコーラの自動販売機です。自動販売機と言うと商品が並び、ボタンがあるイメージですが、今回展示されたのはフロント面が全てモニタになっております。

操作は簡単で、お金を入れて商品をタッチし購入ボタンを押して購入する従来のやり方と同じなのですが、モニタを使う事で商品に動きをつけたりし、より良く効果的に見せる事ができたり、購入者のワクワク感も通常の自動販売機よりも出て来ると思います。
展示されている自動販売機は、3つの3DCGで出来たボトルが並び、1つ選択すると大きなビジュアルに遷移し、ボトルをクルクル回す事ができます。横にあるボタンを押すと実際の商品が受け取口から出て来ます。誰もタッチしていない時は、企業CMなどの映像を流しております。

この自動販売機は、ありそうでなかった物ですので単純に良いなと思いました。なので設置されたら、どんなデジタルサイネージコンテンツよりも、ユーザーが取っ付きやすいのでしょうね?
もし、日本全国のコカコーラの自動販売機が全てこのタイプになったら、かなりの台数が設置されているので、映像配信の広告ビジネスモデルにもなると思います。

制作会社として気になる所は、このコンテンツの表示部分は、FLASHで動かしているか?Silverlightで動かしているのか?それとも違う技術なのか?気になる所ですね・・・。知っている人がいましたら教えてくださいね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/20

08:54

デジタルサイネージ

「マルチタッチ」
昨年から良く聞くようになった言葉ですけど、今年になってからも火が付いたように色々なサイトで紹介するようになり、おそらく09年度のキーワードになると思います。

iPhoneの発売からマルチタッチを使ったデバイスが増えてきています。これは、1点の動作を認識するタッチパネルが進化した技術で、2点を認識して動作するなど操作性が増えている技術です。これも、はじめは使いにくいと思っている人もいたかも知れませんが、触っていると使いこなしてしまうのですよね。最近の携帯ではマルチタッチ技術を搭載しているので、1年後にはほとんどの人が、画面に触れて情報を得ると言う事を理解し使いこなしているのではないでしょうか??
CES 2009のサムスンブースで展示された、50インチテレビですがマルチタッチスクリーンを採用しています。遂に家庭用テレビにもマルチタッチの流れが来ており、画面に触れながら表示された写真などをタッチして操作する事ができます。
この技術はデジタルサイネージにも使えると思います。
昨今のデジタルサイネージは情報過多な傾向がありますので、街にある掲示板(家庭教師募集や市の情報などが貼られた物)のような、一度に色々な情報が見れて、分かりやすく触りやすいシンプルなタイプが必要になってくるのではないでしょうか?

今後も携帯やテレビだけでなく、PCなど画面が付いたデバイスのマルチタッチ化が進んで行くと思います。楽しみですね。




余談ですが、中原と高畑が行った山口県で開催している「ミニマムインターフェース展」ですが、お土産話しだけでは物足りなく、どうしても触りたくなったので2月に行ってくる事にしました。





WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/13

16:12

デジタルサイネージ

09年も華々しくスタートを切りました。世の中は不況の渦に入り込み年末から年始にかけて暗いニュースが多いのが気になります・・・。こんな状況だからこそ、スペック五次元はハイエナのように食らいついて不況を突破し笑顔で一年を乗り切りたいと思っています。

今年はデジタルサイネージ関連の面白そうな展示会が2つあります。
1つ目は、3月3日から東京ビックサイトで開催される「リテールテックJAPAN2009」があります。この展示会の中で「リテール・デジタルサイネージ2009」が開催されます。
2つ目は、6月10日から幕張メッセで開催される「デジタルサイネージジャパン」です。
どちらの展示会も、映像配信システムやタッチパネル、外部デバイスとの連動したコンテンツなど様々な新技術を発表してくると思います。この素晴らしい技術が世の中に認められ次世代の新しいメディアとして確立できるようになったら良いと思っております。お時間がある人はスケジュール表にペロっと予定を入れておいてください。きっと面白い展示会だと思いますよ!!

スペック五次元としては、今年は開発に力を入れて行きたいと思っております。また、デジタルサイネージに携わっている関係者の方達との交流を深めて、情報交換をし面白いコンテンツ制作をしていくつもりです。良いコンテンツができたら、来年当たりブースだして展示会に参加したいとも思っています。

まだまだ、デジタルサイネージと言う言葉だけが先行し、どの企業も有力な技術やコンテンツは何なのかを模索していると思います。だからデジタルサイネージって面白い分野でもあるのかな?

WEB・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/06

09:11