デジタルサイネージ: 2009年2月アーカイブ

デジタルサイネージ

先日、福岡に行ってきました。そして福岡から車をかっ飛ばし目的だったミニマムインターフェース展の最終日に滑り込みで行ってきました。想像以上に良い作品が展示されて見に行って良かったです。子供でも、遊びながら触れる「on the Fly」と言うデジタルサイネージがやっぱり凄かったです。詳しい事は、中原ブログにしっかり書いてあるのでそちらを参考にしてください。

その道中で久しぶりに行った空港がデジタルサイネージだらけでビックリしました。まずは、羽田空港ですが、何年か前からデジタルサイネージの導入が目についていましたが、コンテンツのデザインも格段に良くなり、見やすく分かりやい感じになっていました。こうした広告ではくインフォメーションボードとして活用するデジタルサイネージは、コンテンツもそうですが、デザインに力を入れないと、と再認識しました。今回、羽田空港で目を引いたのが、入館チェックを終えると、ドーンと待ちかまえている「搭乗口案内」の筐体です。何だか、もの凄いインパクトのあるデザインでした。

羽田2

搭乗口に向かう待合いロビーには、様々なメーカーの薄型テレビが待ち構えています。
最新の薄型テレビ事情を知るには、電機屋か空港でチェックするのが良いのかな??

そして、福岡に到着するとロビーにあった各交通手段の乗り場案内サイネージ。何気にCGを使っているのが見やすくて良い感じでした。

福岡

COMEL社が提供しているデジタルサイネージも見つけました。
同じ映像が流れているのが不思議に思ってしまいました。

KC3A0168.jpg

まだまだ、細かいのも合わせるとたくさんのデジタルサイネージを発見する事ができました。こうやってデジタルサイネージを気にして空港を散策してみてはいかがですか??

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/24

18:22

3D

弊社では、Flashと3Dを活用したコンテンツ制作の開発をしておりますが、デジタルサイネージでPapervision3Dを使用した例を見つけましたのご紹介します。
昨年開催された、デジタルアートフェステバルと言うデジタルアートの祭典の中で、株式会社REACTORさんが展示された「Ubiq'window+ActionScript 3.0」と言うコンテンツです。
マルチタッチを採用した画面にPapervision3Dを仕様したコンテンツが遷移します。動画を見ていると軽快に動作している訳ではないのですが、通常のFLASHと組合わせた表現方法など良い感じだと思いました。このように、街中にあるデジタルサイネージにも3Dが活用されていくと、表現方法も増えますし、ますますFlashコンテンツの需要が増えてくると思います。

他にも3Dを使ったデジタルサイネージがないかと、お得意のyoutubeサーフィンをしていると見つけてしまいました。詳細は不明ですが、3Dオブジェクトが軽快に動いております。展示会で機械物を扱う企業様など、活用方法があるのかな?と思います。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/17

09:21

デジタルサイネージ

マルチタッチの可能性は無限大であると以前書きましたが様々なアイデアの実現に向けて色々な人達が切磋琢磨と開発を進めています。全てが実現しビジネスになる訳ではないのですが、アイデアを形にする開発者達は本当に凄いと思っております。その面白いアイデアの中で、自分の趣味でもある音楽の分野でも面白いコンテンツがいくつもあります。

1つ目は、ソフトシンセ何台かを画面上に表示し、実際にコントロールできるコンテンツです。ソフトシンセの需要がどんどん上がって行く中で、この用に自分が実際使用しているシンセを並べLIVE出来たりするのは、今風??だと思います。究極は、海外のアーティストがPCのみ持って画面をつなぐだけでLIVEが出来るようになることなのかも知れませんね。これはこれでおもしろいかも・・・。




このようなコンテンツは昨日、室岡が書いた「iPhoneアプリ動画アワード」の中にも、iPhoneを使ったソフトシンセがありました。




2つ目は、タッチパネルDJです。DJは、従来のレコードとターンテーブルを使う物から、最近ではPC上で操作できるDJソフト開発されていました。その進化版と言う訳ではないのですが、タッチパネルを操作してDJができると言う代物を開発している学生さんがいます。
まずは動画を見て欲しいのですが、スクラッチ等もしっかりできるのでとても興味があり触ってみたいですね〜。




このように音楽業界も、マルチタッチの技術を使いどんどん進化したコンテンツが増えている状況です。ありない話しですが、街中に1つ目で紹介したコンテンツがあったら面白そうですね。でも、このありえない話しを何とか実現したいとなと思っております。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら



r.i.p. bando
デジタルサイネージを意志を引継げるようにがんばっていきます!

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/03

08:48