デジタルサイネージ: 2009年5月アーカイブ

デジタルサイネージ

ホログラムと言えば、映画の世界で見かけた事があり未来ってこんな感じになるんだろうな〜と思っていた技術ですが、年々、技術開発が進み遂にホログラムの現実的な使用ができるようになってきました。海外では、閉店した店舗内にホログラムを使った映像を流し人の目をひきつけられるような宣伝として使っているケースがあります。

今回、紹介するのは大掛かりな装置を使っていますが、かなり綺麗に映像を映す事ができるので、モーターショー等の企業ブースで使えたらかなりインパクトをつける事ができると思います。クラブ等でもVJがスクリーンのみではなく、空間も表現の場として使う事ができると思います。



まだ、映像の質感やコストの問題などたくさんあると思いますが、これがお手頃価格になり小型化してきたら結構いろんな所で使えるのではと思います。映画の世界で良くある、通信相手が立体で出てきてやり取りができるようになるのは、かなり近い未来かも知れませんね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/26

08:53

デジタルサイネージ

タッチパネルと言えば、ディスプレイを触ると用意されたコンテンツが操作できる物ですが、今回紹介するのは、どこかの先生が黒板に書かれたボタンをPCに認識させて操作できるシステムを開発していました。

この動画を見ると、まずはPCにセンサーとなるコードを繋ぎ、黒板に取付けます。黒板にボタンらしき四角の絵を書き、それがボタンである事をPC側に認識させています。認識が完了すると、黒板に書かれたボタンの絵が、本当のボタンになりPCを動かす事ができるようになります。



黒板で出来るのであれば、色々なシーンで汎用性が持るかもしれません。そうなれば、街にある色々な物が外部デバイスとして活用できたりするかもですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

05/20

14:41