CIの最近のブログ記事

CI


ブログを書く事がかなり久しぶりな、吉田です。

言い訳ではないのですが、このディレクター用ブログのリニューアルを考えておりまして、それが終わったら色々と書かせて頂こうかと思っておりましたが、やはり自社事業となると、うしろにうしろにズレていきますねw

制作を急かすためにも、この文章も書いてみたりしていますw

さて、われわれのような制作会社の方々は、期末の大忙し中かと思いますが、そのバタバタ中に公開しました案件のご紹介を致します。

*レゴ®スクールCI制作

もう6年のお付き合いになります、玩具で有名のレゴさんですが、
弊社が担当しているのは教育部門になります、レゴエデュケーションになります。

そのレゴエデュケーションが運営している幼児学習スクール、[レゴ®スクール]事業のリニューアルに伴い、CIの変更とWebリニューアルを行なう事になりました。
まずはCI制作のお話から。

manual02.jpg

本ならではのレゴ®スクール

今回のCIというのは、元々レゴエデュケーションセンター(LEC)という
名称のレゴ教室を、ブランドリニューアルと本国のデンマークから
[LEGO education AFTERSCHOOL PROGRAMS]と名称統一をするところから
始まりました。
元々のLECという名称では幼児教育を行なう場としてわかりづらさがあったのですが、
さらに変更後が[LEGO education AFTERSCHOOL PROGRAMS]では、ブランドリニューアルをおこなっても、もっとわかりづらいのでは?という懸念から、日本のレゴエデュケーション担当は、熱い気持ちを持って本国に掛け合い、日本のみ[レゴ®スクール]という名称でよいと了承がとれまして、晴れて実制作へ進むことが出来ました。

レゴブランドマニュアルに沿ったCI制作

実際に制作をするにあたって、デザイナーの漆原とかなり悩みながら進行しました。
まず、レゴ自体には、レゴ ブランドマニュアルという統一レギュレーションがあり、
そこにレゴエデュケーションのレギュレーションを加え、且つ今回のレゴ®スクールの
レギュレーションを作成しなければならなかったからです。

あのレゴさんのCI制作が出来る!!!っと言う歓びと、複雑なレギュレーションの縛りに
毎回打合せは長時間になっておりました。

mtg2.jpg

ラフ案と完成データ

いろいろな悩みもありましたが、それでも取り組みとして楽しくワクワクしながら
作成をおこない、遂に完成した作品がこちらです。

ci.jpg
あれ?シンボルマークは?
と思う方が多いかと思いますが、いろいろな諸事情がありまして、時期を見計らって次回作成する事になりました。

ラフ段階ですが、シンボルマークの提案はこんな感じで行なっておりました。

ragh.jpg
 ↑この案はとても思い入れが強い案だったのですが、、、

ragh2.jpg
 ↑こちらもコンセプトとしてとても良かったのですが・・・

ragh3.jpg
 ↑この案は教育メソッドの4Cをモチーフにした案でしたが・・・




CIが完成した後は、レギュレーション作成、看板データの作成などを行い、
晴れて納品となりました。

長かったですね。ここまでの道のりが・・・w
しかし、案件的にはまだ五合目。
この後に、自社で作成したCIを使った、Webのリニューアルが・・・

つづく








WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/08

10:57

2013年3月: 月別アーカイブ