Directorの最近のブログ記事

Director

CI制作が一段落ついたところで、本体になるWebリニューアルを行ないました。
以前作成した時期は2009年9月になりますので、ちょうど丸3年振りのリニューアルでした。

今回のリニューアルは、レゴ®スクール事業のブランドリニューアルを行なっている点からもわかるように、CIから全ての資材をリニューアルになりますが、Webに関しては今まで作成したコンテンツをこの3年間で積み上げて作成して来た節もあるので内容は変更ぜず、生かしながら作成したいという要望だったので、コンテンツは情報の差換え程度にし、デザイン変更とFlashコンテンツをマルチデバイスに対応させた作りに変更する点を主軸におきました。

ブランドカラーの変更

top_image.jpg
           リニューアル後のサイト。LEブルー一色に

image01.jpg
リニューアル前のサイト。やはりイエローが目立つサイトでしたね。 


以前のブランドカラーであったイエローは使用しない事が決まり、レゴエデュケーションブルー(LEブルー)を主軸にしたデザインとなると、カラー変更のみのデザインでいかない事はご承知の通りで、いろいろな所で弊害が出て来ました。

出て来た問題はCI制作と同様、漆原がデザインを担当しましたので、ひとつひとつ潰しながら対応していきました。

PushStateを使用したページの高速化

また今回のリニューアルポイントとして、pJaxを使用した表示速度の高速化がありました。
こちらは先方からの要望ではなかったのですが、今回のリニューアルでヘッダー・フッターを共通化するタスクは社内で上げてましたので、さらにpjaxを共通ヘッダーに追加して、ページ全体を制御する作りに変更しようと、システムエンジニア(この案件ではw)の後藤から提案をもらい、実行してみました。

ichimai.jpg
 今日の一枚

今日の一枚コンテンツは全面、pjaxを使用したコンテンツに変更しましたので、検索等のソートやインフィニティスクロール時などの表示はとてもスムーズになりました。

そしてローンチへ・・・

なんだかんだ月日が経ち、2/5日(火)についにリニューアル公開日へと。
社内リソースの関係上、厳しい日々が続いた時もありましたが、皆、やりきった
案件になったのではないでしょうか?
そして、完成したサイトは下記になりますので、お時間がある時にでも拝見して頂けたらと思います。


top_image.jpg
 レゴ®スクール http://www.legoschool.jp/


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/11

15:23

Director


「優駿」は1941年から68年も続いてる競馬総合月刊誌になります。
先月に「優駿」のオフィシャルサイトがオープンしました!

デザインは黒を基調とし、トップページで使用する
写真にこだわり?を持ちたく、編集部の方と総務の方と打ち合せを重ね
編集部ならではの素材を生かしたデザインになっております。
※カメラマンの方ありがとうございます!

_yusyun.jpg

「優駿」オフィシャルサイト

誌面の紹介からちょっとした立ち読みや販売とありますが、
気になるコンテンツは「優駿Blog」です。
編集部の方がほぼ毎日更新しております。
編集部ならでの情報や裏話なんかが読めるかもしれないですよ!

今後もコンテンツを充実させていきたいなと思っております。
馬好きの方、競馬好きのかたは是非ご覧ください!



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

08/04

10:16

Director

いやはや、かなり久々のブログになってしまいました。
と言っても、ただ休んでいた訳ではないのです。
この師匠も走る師走に、出張と撮影などが、なぜか、なぜか水曜日に重なり、ブログの更新が怠ってしまいました。これからがんばります・・・と言いつつ、もう年末なので来年ですね。

このところ、市川崑監督作品にハマっているお話を前回しましたが、いろいろ掘って行くと、監督の作品に頻繁に出演している女優、役者が多い気がしました。例えば岸恵子さんや、石坂浩二さん等です。この二人は特に多く出演していましたね。この当時にリアルタイムに見れたらと思います。私が見ていた作品は1970年代が多く、この前見た細雪が1986年の作品でした。年代を追う毎に現代的になって来ていて、でも市川崑節は出ている、そんな時代の移り変わりがまた面白かったりして見ていました。

その流れで、と言う訳ではないのですが、少々昔(20年前から30年前)の映像が最近は楽しく、ここ最近は、明日のジョーにハマっています。これはまた、スポコン全盛の時代だなーと痛感しながら見ていたのですが、この当時の作品を見ても、古さはなぜか感じないのです。見方が古い作品を見ているからというのもありますが・・・

試合のシーンなどを見ていると、結構静止画を使っていましたね。決めのシーンや場面を変えるシーンなど、引きの画像をカメラワークを動かし、モーションブラーなどを付けて表現したりと。今のFlashアニメーションに通ずる作り方を感じました。

現代のアニメーションやゲームなどは、ユーザーの目が肥えて来ているので、より作り込みの精度を高く、またよりリアルにという思考で作られています。というより、ユーザーがそうしないと、許してくれないと言った感じでしょうか?

確かに、Flashのアニメーションもスクリプトを多用して作ったものは、とてもいい作品だと思います。が、初めの構成段階で、よりシンプルに作成して良いものが作れるかと思います。

ゲーム機のWiiにも似た様な思いを感じます。決して、CGの精度を高くはせず、そこそこにして、それ以外で違った事を行なう。

これはWebを作成する時にも同様に言えるかと思います。
技術技術に偏らない、しかし新しい要素(アイディア)を加え新しいモノを作る。

矢吹ジョーが古くさくないのは、そのあたりなのかと。

ちなみに、矢吹ジョーの声優は、あおい輝彦さんなのですが、犬神家の一族や病因坂の首くくりの家などにも出演している、市川監督ファミリーです・・・

市川崑作品にハマる→明日のジョーを見る→声優があおい輝彦+市川作品常連

なんか繋がっている気がする。
これはもっと1970〜1980年代を掘れと言っているに違いない。


動画はジョーの最後のシーンです。
(ホセの試合前に葉子が告白したのですが、その気持ちを汲んで、グローブを・・・
いろいろな気持ちが葛藤していたのでしょうね。二人とも・・・)
ただのファンですね。私は。

 


皆さん、よいお年を。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

12/25

22:14

Director

Webマーケティングを行なう為に、いろいろと専門用語が出て来ます。
私も新しい用語が出て来るたびに、調べていたのですが、特によく使う用語をご紹介したいと思います。

・インプレッション:対象ページが表示された回数の事

・コンバージョン:アクセス数に対する資料請求、会員登録、購入など利益に繋がるアク          ションを起こした人。

・CTR(Click Through Rate):インプレッション数の内、広告がクリックされた回数
              の割合の事

・CPC(Cost Per Click):1クリックあたりの広告コストの事

・CPA(Cost Per Action):顧客獲得や会員獲得、購入1件あたりの獲得コストの事

・CPM(Cost Per Mille):1000ページビューあたりの広告コストのこと

コンバージョン、CPCくらいは知ってたのですが、こう見てみるとまだまだ勉強不足な感じが自分でも思います。SEO、SEMを行なった場合など、気を付けたい点でもありますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/06

10:24

Webディレクション

Webサイトとは、アクセスログによる数値が取得出来る特性上、費用に応じたコンバージョンが求められます。ユーザーは目的を持って、サイトに訪れます。内容によって、興味、関心があり目的に到達しないサイトは、すぐに離脱してしまいます。その接点を最適化しないと、SEOやSEMに大きな予算を掛けても、効果には繋がらないでしょう。

そこで、その始めに訪れるページをより理解出来る内容にし、SEO,SEMもそのページに引っかかるようにするページをランディングページ(LPO)と言います。

このランディングページにあまり情報や、本サイトへのワクワク感等が無ければ、次へ繋がらないサイトになってしまいます。

このランディングページ、かなりの業界で使用されている、Webマーケティングの一つです。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

10/23

14:16

Director

今年の夏、バカボンドを書いている井上雄彦さんが上野の森美術館で行なった、"最後のマンガ展"に行って来ました。バカボンド好きな私から言えば、話の内容と画像を見ているだけで満足だったのですが、美術館で見るマンガと言う事で、歩きながら、次のコマへと移る際に、いろいろな仕掛けがあったのが感動しましたね。

例えば階段下にあるコマから、階段を上がった踊り場の上に大きな描写がされてあったり、かと思えば、人の目線で置いてあるコマから、縦長のコマへと移り変わったり。円形の部屋の中に丸く張られたコマがあったり、実際に小道具や、海岸のシーンなどでは本物の砂浜が広がっていたりと。

話の内容と画像を見ているだけで満足出来る内容なのですが、さらにいろいろな仕掛けをしながら、次のコマへと移りさせるナビゲーションがとてもうまかったので、美術館に来ていた来場者を120%満足させていたと思います・・・

・・・と、かなり長い枕になりましたが、これはWebにも言える事で、内容が良くても、ナビゲーションが悪いと、良さが半減してしまいます。と言うより、直帰率の原因にもなってしまいます。

ナビゲーションスキームを考える時に、最も普及したナビゲーションは皆使い勝手をわかっているので迷う心配がないので、とてもユーザービリティーに特化したナビになるかと思います。でもデザイン性や独自性がないので、インパクトにはかける形になるかともいます。かといって、プロモーションサイトなどで、デザイン性の高いWebでは、操作感が今迄に行なった事がないような動きですと、ユーザーも使いづらいサイトになってしまいます。

ナビゲーションスキームを考える場合、ターゲットがどのような人達なのかを考えると言う点も言えるのですが、マウスの動きなどで、次のアクション、もしくは次への内容などを連想出来るナビゲーションが使い勝手のよい、ナビゲーションになるかと思います。

私は今年の夏、美術館でふとそんな想いを感じながら、見ていました。

・・・というより、本日入手しました "いのうえの" を見ながら、仕事をさぼっていた時に、思い出しましたwww



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

10/15

10:05

Director

前回、LANCH法のご紹介をしましたが、またまた情報アーキテクチャーのお話になります。Webへの情報整理として、いろいろとご紹介して来ましたが、今回は構造の整理の仕方になります。

Webサイトは、ターゲット・目的なので使い方が違い、それ相応に設計していきますので、正しいサイトというのは、存在しないかと思います。重要なのは、ユーザーが、そのサイトに訪れた時、知りたい・得たい情報がすぐに到着出来るか、という部分になります。

・階層型の構造化
読んで時の如く、階層型での情報の構造化です。考え方として、【日本<東京<新宿<居酒屋】など【大<中<小】という形で、徐々に細分化した構造の事を言います。

・直線型の構造化
これは【次へ・戻る】などの操作で情報を提供する形をいいます。読み物や商品群を紹介するとき等に、有効になる手段かと思います。

・フォークソノミー型の構造化
フォークス(Folks、民衆)とタクソノミー(Taxonomy、分類法、分類学)の造語になり、ユーザーに情報の分類化を委ねた形の事を言います。

大きな構造の整理は企画後の構成を作成する点で、とても重要ですね。
たまに、リニューアルを行なっても、リニューアル前の構成と変わらずという事が有りますので、皆さんもこの構造整理の仕方を覚えておくと良いですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

10/01

17:20

Director

前々回に情報アーキテクチャーのお話をしましたが、今回はその情報整理に必要な、"LATCH法"というのをご紹介します。

LATCH法とは、インフォメーションアーキテクトの父、Richard Saul Wurman氏が情報整理を5つの定義で提唱した方法になります。

・Location:位置による組織化
 地理的な情報や、物理的な概念を基にまとめる方法で、代表的なものは、地図や案内  図、見取り図などがあります。

・Aiphabet:アルファベットによる組織化
 文字通り、アルファベット順に整理したことを言います。辞書や電話帳、などリスト  上にする時に便利な方法ですね。

・Time:時間による組織化
 時間軸によって整理する方法です。主に、カレンダーや年表、テレビ欄などがそれに  当たります。

・Category:分野による組織化
 情報をジャンルやカテゴリー毎にわけて整理する方法です。これは何を基準に分野化  するというのが最も重要になります。

・Hierarchy:階層、または連続体による組織化
 大きさや値段、優先度などによって整理を行なう手法です。価格などを整理した場合  に円グラフや折れ線グラフなどにまとめるなどを言います。

こう見てみると、慣れしたじんだモノも多いかと思います。
逆に言うと昔から有るものなので、見慣れてしまっているかと思いますので、このLATCH法を基本に、企画段階で情報整理を行なってみては如何でしょうか。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/24

11:45

Webディレクション

インターネットを使うユーザーにはいろいろなタイプの人達がいます。

私は、仕事にWEB制作を行なっているので、必然的にWebへの日常的な接触が多いと思います。Webという言い方で良いのか、もしくはインターネットという言い方で良いのか、線引きが難しいところですが、仕事をし始めてメールを送る量等も変わって来ていると思います。

いろいろな所でインターネットと皆さんは接触していると思いますが、各世代、価値観などの違いによってメディア体験の違いが生まれます。例えば、学生時代からメールという機能でコミュニケーションをしている世代と家庭をもってからの世代だと価値観や行動が変わります。

例えば、世代が上がると、インターネットを便利に思い使用する傾向があるので、使用用途は情報収集やショッピングなどになります。しかし、年代が下がれば、コミュニケーションツールとして、なくてはならない当たり前の"生活必需品"となっているかと思います。

ここにいろいろなギャップが生まれて来ます。
私達は、ターゲットを想定してWebを作成しなければいけないので、このようなユーザーの傾向も頭に入っていると、よりピンポイントで情報配信が出来ると思います。

世代のギャップ、性別でのギャップ、いろいろとあると思いますが、どこまで興味が有るかなど、深いところまでの考えがわかると、私達Web制作が善くなって来るでしょうね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/17

10:18

Director

前回ご紹介したアクセスログ解析ですが、リニューアル時にとても重要な情報という事がわかったと思いますが、今回はそれを元に、コンテンツ企画をどう組み立ててれば良いのか?

考えて見たいと思います。


コンテンツ企画を行なう為に、まず行なわなければ行けない事は、コンテンツの方向性を決める事です。せっかく、時間をかけて考えて制作しても、ユーザーの興味とは別の方向をむいているコンテンツを制作した所で、ユーザーは相手にしてくれません。

方向性を決めるにあたって、下記のポイントを重視してみると、方向性が出て来るかと思います。


・リッチなコンテンツが必要な企画かどうか?

・連動させたい媒体はあるのか?

・ユーザー同士がコミュニケーションを望んでいるのか?

・ユーザーにどのようなアクションを求めているのか?

・話題を集めたいかどうか?

etc


上記のようなポイントを元にコンテンツの方向性を決めてから、内容を考えてみるとスムーズに作成に入れるかと思います。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/03

12:05