Eコマースの最近のブログ記事

Eコマース

米eBayは1999年10月に100%出資子会社として日本法人を設立して日本に進出。オークションサイト「eBay」の日本版を運営していたが、業績低迷で2002年3月末に営業活動を終了した。しかし、その後も日本法人は解散せず、新しい「eBay.co.jp」をオープンするに至った。 

4月1日から本格的にeBay.co.jpが再始動するらしいよとスタッフに教えてもらい早速サイトをチェックしました。
サイト名は、「eBay Japan Export Center」です。

sell_title.gif

聞いていた感じでは日本語の環境から出品も管理もできるという内容かな〜?と思っていたのですが、実際のところは出店のサポートを eBay Japan がサポートするという内容でした。なので、実際の出店フローとしてはUSのeBayに対して普通に商品登録するようです。
eBay Japanの仕事としては希望者にPDFを配布したり、電話で無料出店サポートをしたりという感じですね。
今までは日本語で情報を集めるのに「無料!eBay日本語ガイド.com」を活用していたのですが、基本的な説明やニュースはオフィシャルサイトで完結するかなという具合です。

ちなみに上記の「無料!eBay日本語ガイド.com」を運営している株式会社ボーダレスさんのサービスがオフィシャルサイト内にバナーが貼られていたのでチェックしてみたのですが、eBay専門のオンラインセミナーサイトでした。有料が多いオンラインセミナーなんですが売るための秘訣やはじめの一歩てきな内容をムービーで見れるようになっています。また、JETという資格さえ有れば一般人もセミナーを開校できるようになっているのでなかなか面白そうなコンテンツになりそうです。

ちょっと期待していた内容と違うので残念ですが、電話サポートでいろいろ聞けるのはありがたい話です。グローバルな展開の第一歩として有効に活用したいと思います。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/02

19:04

ビジネスを考える

常日ごろグローバルな展開を考えているのですが、なぜグローバルな展開なの?と聞かれることも多いです。海外展開の成功事例を調べているときに、まさに自分の考えをまとめているコラムが有りましたので紹介したいと思います。

BPnetの「第6回国内市場を抜け出し世界市場へ」というコラムです。
モジ株式会社 代表取締役社長の菅谷義博さんのセミナーをまとめたもののようです。


内容を整理すると

1.少子化が2006年をピークに減少方向に推移している
ようするに高齢者に比べ出費の多い30〜40代が日本では少なくなっていくので、顧客獲得が今以上に激化していくだろうと。

2.市場の熟成度の問題
現在の日本は多くの市場が熟成してしまっているという点。つまりただでさえ少なくなる人間が既に必要な商品を持ってしまっているということです。商品のサイクルも長くなり、かなりの付加価値が無い限り買い替え需要というのも難しいのでしょう。
国内の携帯ビジネスを例に挙げていますが、まさに良い実例だと思いました。
新しい携帯コンテンツという市場が形成され、数多くの企業があっという間に誕生し、お互い市場を食い合い消えていくのです。実際はまだ消えているわけではありませんが、いくつかの大手が利益を獲得し、後発や小企業は淘汰され始めています。



感じたこと
インターネットが普及し、日本にいながらにして世界と繋がるようになりました。
しかし日本では大手の企業が輸出で莫大な利益をあげていたが(今となっては金融危機から存続問題まで発展していますが...。)、我々のような小企業の進出が異常なまでに遅れていたと思います。
こんな経済状況だからこそ、守りに入るのではなく、世界に仕掛けていきたいと考えています。
そんな事を改めて実感したコラムでした。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

12/19

20:14

Eコマース

Eコマースのサイト構築を行う場合オープンソースを利用することがスタンダードになっていますね。弊社での実績はオリジナルで構築するのが多かったのですが、低予算で提供できるので最近は名指しでこのオープンソースを使って!というような依頼が増えてきました。
備忘録としてEコマース系のオープンソースをいくつか調べてみました。


EC-CUBE
我らが日本発信のオープンソースです。弊社でも開発実績があります。発足から時間が短いのと開発元の対応で賛否両論なようです。しかし、国産ということで応援したい気持ちはありますけど...。

osCommerce
モジュールが豊富なオープンソースです。現在海外向けのEコマースサイトを開発しているところです。はなっから他言語向けに作られているので便利そうです。現在、弊社でも海外むけのEコマースサイトはこいつを利用して開発しています。

Zen Cart
osCommerceをベースに多機能&セキュアになっているみたいです。osCommerceとモジュールを共有したりできるみたいですね。一度評価用に開発しておいたほうが良さそうですね。

Magento
初めて知りました。LA発のオープンソースだそうです。450, 000もダウンロードされているらしいので実は有名?

OpenCart

PHPベースのショッピングカートシステムだそうです。ググってみましたがほとんど情報は有りませんね。日本ではほとんど利用されていないのでしょう。


Potion Store

基本的にはソフトウェアのダウンロード販売用のオープンソースみたいです。多彩な決済機能(クレジットカード、PaypPal、Googleチェックアウト)に対応しているもよう。


OFBiz
OFBizは,The Open For Business ProjectというApache Software Foundationというらしい。「実ビジネスで利用可能なアプリケー ション・プロダクトをオープンソースで提供する」というプロジェクトで,現在下記の機能をもったアプリケーション・プロダクトを即利用可能なWebアプリ ケーションの状態で提供している
ERP
  • CRM
  • Eコマース
  • SCM
  • MRP
  • CMMS/EAM
  • なんて機能を統合的にパッケージしているようです。

    FishCart
    このあたりになると聞いたことないし調べても良い記事が見当たりません。
    わざわざ情報の無いオープンソースを使うならオリジナルで作ったほうが良いのかもしれませんね。

    他にも無名のオープンソースは調べるとでてくるのですが、日本語で情報を得られるとすると絞られれてしまいますね。結局、EC-CUBEosCommerce,Zen Cartあたりが基本線となるんですね。

    WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
    スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

    自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
    CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

    Date:

    09/26

    13:32

    2009年4月: 月別アーカイブ