shoji: 2008年9月アーカイブ

デジタルサイネージ

本日からCEATECが幕張メッセで始まりました。弊社は、あるブースのコンテンツ制作に関わる事ができました。最新テクノロジーが集まる展示会に参加できてうれしく思っております。今回の見所は薄型テレビと3D技術の展示です。確かに各ブースでテレビの展示をしているのですが、どれも薄い・綺麗・軽い・エコなどをテーマにした商品が多いです。
三丁目の夕日ではないけど、白黒テレビが家にやってきてみんなで力道山の試合を観戦する時代から考えると、この数十年で凄い進歩をした技術だと思います。自分的には、綺麗とか薄型とかも興味はない訳ではないのですが、やはり地球温暖化などに対応したエコの技術にはどの企業にも感心されます。
また、スペック五次元は制作会社なので、タッチパネルや映像など各コンテンツの見せ方なども非常に勉強になります。自分的な見所は、Panasonicの「3Dプラズマ・シアターシステム」です。3D映画を画質の劣化なしで家庭で見れるとの事です。こんな技術を開発されたら、街中でも3Dを使ったデジタルサイネージなど見れるのは、そんな遠くない未来なのでしょうね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/30

11:42

デジタルサイネージ

ユーザビリティについて中原が記事を書いておりますが、これはWEBだけでなくデジタルサイネージの分野、特にタッチパネルコンテンツの考え方も同じだと思います。館内案内などの施設で考えると、対象がほとんどの人ですので、UDを意識してボタンとして認識しやすいデザインや、ボタンの配置場所も考えなくてはいけません。目的のページに分かりやすく誘導する事が重要ですので、WEBのようにグローバルメニューを上に置くと、子供や車椅子のユーザーが障りずらい事とか問題が出てきます。そういった場合はボタンを下に集中させるとか、上下に配置するなど使いやすい工夫が必要になってきます。また、デジタルサイネージですと画面大きいモニタや、縦型・横型などありますし、ミッドタウンにあるようなモニタを斜めに低く配置している例もありますので、その設置方法に合わした画面設計も必要になってきます。いくらが遷移しやすいように画面設計にしても、画面に触られなければ意味がないので、コンテンツに触れていない状態の時にどうやって人を誘導させるかも非常に重要な事です。この辺を今後考えていこうと思います。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

09/03

16:28