shoji: 2009年4月アーカイブ

3D

スペック五次元では、医療系のコンテンツ制作をする事が多く、WEBやCG等の様々な納品実績があります。その中でも、面白い分野としてご紹介しますと、薬の作用機序などを紹介するCGアニメーションがとても見応えがあり、かなりアートよりな作品になります。写真などの参考資料を見ながら心臓などの臓器パーツを表現したり、細胞等を表現する時はあくまでもイメージとして制作します。薬がどのように体の内部を通り、体内でどんな影響を受けるのか?このようなアニメーションを作ったりしています。残念ながら、弊社で作成した実績は契約の関係上で掲載する事ができませんが、youtubeで探しているとたくさんのアニメーションを見つける事ができました。







このような技術は展示会や学会、CDROM等で見かける事が多くWEB上で展開しているのはあまり見かけた事がありません。せっかく制作したモデリングデータなので、Papervision3Dを使いインタラクティブ性を持たせて展開していくとおもしろくなりそうですね。また、この動画をTOP Flashの演出としてドーンと使ってもインパクトがありそうですね。こんなコンテンツどうでしょうかね??


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/28

09:55

3D

Googleは、ブラウザに高速3Dグラフィックスをもたらすソフト「O3D」をリリースしました。簡単に言うと現段階では、WEB3Dの新しいプラグインと言う感じでViewpoint等と同じジャンルになると思います。

123.jpg

以前、岩崎が紹介した「Google SketchUp」と言うアプリケーションも無償でダウンロードでき3DCGを作成する事ができます。
このようにGoogleは、3Dジャンルに対し非常に力を入れてきました。

将来、O3Dの目指す所は全てのプラットフォームでノンプラグインで動くようにしたいそうです。こうなるとPapervision3Dの対抗となる感じでおもしろくなりそうですね。
WEB+3Dと言う新しい表現方法が進化しもっと増えていくと思います。2Dの情報の見せ方から3Dでの情報の見せ方と形が変わって行くと思います。




WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/22

09:05

ニュース

東京国立近代美術館にて、映像の始点である60年代から今日に至るまでの日本を含めた世界各地のアーティストの映像作品51点を一挙に公開して検証している映像展があります。
映像と言えば、今ではなくてはならない物と進化し、テレビを飛び出して街中や携帯など色々なコンタクトポイントがあり、それぞれ楽しむ事ができるメディアですね。
この美術展では、70年代の貴重な映像も見る事もできてかなり面白そうです。

気になる作品は、ロバート・スミッソンの「サイト」と言う映像。
70年代に絵画や彫刻の行き詰まりを打破する手法として、ギャラリーを飛び出し、自然を用いて造形を行う、「アース・ワーク」と呼ばれる作品だそうです。



『ヴィデオを待ちながら--映像、60年代から今日へ』

2009年3月31日(火)〜6月7日(日)
時間:10:00〜17:00(金曜は10:00〜20:00)
会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー


【WEB・3DCG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社】
 スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/14

19:32

デジタルサイネージ

最近、気になるハードで一昨年くらいから話題になった「Microsoft Surface」と言う物があります。簡単に説明すると高機能のタッチパネルテーブルとでも言うのでしょうか?中身は、30インチのタッチスクリーンが付いていてキーボードもマウスも使わずにコンテンツを操作する事ができます。以前にも紹介したマルチタッチの技術を使っております。
レストラン等に設置して、お勧めの商品を紹介したり注文したりする事ができるようです。また、ICカードを認識するので、会員カード何かと連動して、以前食べた物からお勧めを出したりする事も可能ですね。日常での選択の幅が広がりおもしろそうですね。

また、医療の分野でも活用する事が可能のようです。
従来のPCモニタを見ながらの説明ではなく、Microsoft Surfaceを使い指で操作しながら患者様に説明をする事も可能です。



このように様々なシーンで活用できるMicrosoft Surfaceに期待ですね。

Microsoftは、球体マルチタッチディスプレイの開発も進んでいるようです。
この技術もおもしろそうですね〜。





【WEB・3DCG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社】
 スペック五次元のホームページはこちら

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/07

09:04