Webディレクション: 2008年11月アーカイブ

Webディレクション

昔はインターネットなど無かったのであり得なかったですが、今年はネットいじめが前年度を2割増したそうです。いじめの対象となる場所は、やはり掲示板やSNS、ブログと言った感じです。最近無差別殺人など、あまり意味をなさない殺人が起こったりして嫌な感じですが、ネットいじめも陰険で嫌なもんですね。

この対応策として、文科省が学校の教職員向けにマニュアルを作成したそうです。
マニュアルはネット上でいじめを発見した場合の対応手順をまとめた"マニュアル篇"と実際のネットいじめの例を紹介する「事例篇」の2部から構成されています。

私の私見ですが、今迄もいじめは少なからずありましたし、子供の悪ふざけもありましたよね。しかし子供のいたずらなどが、こういったインターネットを利用すると、陰険で陰湿ないじめに変化していきます。これは子供に限った話ではなく大人にも言える事ですが。

情報をより早く公開、または調べたい事を調査する為に、インターネットは普及しました。しかし、その情報の早さによってまた違った意味でのデメリットが出て来た感じです。

この環境で育った子供達が、大人になった時に、親になった時、また違った形の社会があるような気がします。楽しみであり、怖い気がしますね。





WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/26

09:39

Webディレクション

ここ最近、市川崑監督映画にハマっています。お亡くなりになったのがとても残念な所ですね。ビルマの竪琴や東京オリンピックなども見てみたいのですが、なんと言っても横溝正史原作の金田一シリーズにどっぷりです。まだ二作目の悪魔の手鞠歌までしかみていないので、今週の連休に獄門島をみたいと思ってます。

この市川作品は、映像の作りといい、カメラワーク、視点、映像のカットインなどが独特な感じがしてとても好きで、改めてDVDで見ると、とても30年くらい前の映像には見えない気がします。

そこで、ふと見ていたオープニングで気になったのですが、出演者やスタッフのクレジットのテキスト表示の仕方がおもしろいなーと思っていたのですが、何とも読みづらいんですよね。YOUTUBEでは悪魔の手鞠歌しかなかったのでまだ読みやすいのですが、犬神家の一族などは、とても読みづらかったですね。

出演者などの所は字数が少ないのでまだ良いですが、スタッフが多い字数の所等、縦書きかと思ったら人文字だけ右に折れていたり、縦横の表示が混在するので、どこから読んで良いのか、分からなくなったり、文字数が縦横合っているボックス型にしたテキストなど、出演者を間違って縦から読んでしまったりしたりと・・・

ですが・・・

見ているととても気になるんですよね。読みづらいもんだから、気になって、気になって、目で追ってしまうんですよ。何とか読んでやろーと。

そんな自分がいて思ったのが、読みづらいテキストでも動画ならすぐに切り替ってしまうので、なんとか読もうとするのではと。

これはWebにはありえないですよね、読まれてなんぼですから。情報アーキテクチャーの事を書いた事がありましたが、整理して読みやすくと言うのが基本だと思います。もちろんデザインを入れるにあたって、読みづらくなる場合もありますが、サイトとして成立する程度で、読み間違えるくらいの表示の仕方は、クライアントから即刻修正が飛んで来るに違いがありません。

でも私は映像では、読んでしまったのですね。逆に・・・
この発想は何かに使えないかと思っております。だって気になってしまったのですから。読みづらいと言う事で。

因に犬神家の一族は、1976年公開で私と同じ年というのも縁があるので、何か気になっていますwww




WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/19

22:39

Webディレクション

このブログを始めてから早、3ヶ月以上が経ちますが、勉強の成果がついに明らかになります。というのも、12/1日からついにWebディレクターの試験が始まります。
いつでも受けれるこの試験ですので、ちょいと、サボり気味だったと言う事で、来月から本格的に勉強して、年明けくらいに、試験を受けてみようと思ってます。

まず、Web検定というのはどういうモノかをご紹介していなかったと思いますが、社団法人全日本能率連盟が正式登録資格として取れる検定です。項目は、Webリテラシー、Webデザイン、Webディレクション、Webプロデュース、Webプログラミングの5つのジャンルに別れています。私は職種がら、Webディレクションの資格に挑戦してみようかと思ってます。

資格が取れた後も、1年おきの更新があるので、実質は来年も試験があるのが納得いかないのですが、とりあえず、がんばってみます。

■社団法人全日本能率連盟

■Web検定概要

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/17

21:27

Director

Webマーケティングを行なう為に、いろいろと専門用語が出て来ます。
私も新しい用語が出て来るたびに、調べていたのですが、特によく使う用語をご紹介したいと思います。

・インプレッション:対象ページが表示された回数の事

・コンバージョン:アクセス数に対する資料請求、会員登録、購入など利益に繋がるアク          ションを起こした人。

・CTR(Click Through Rate):インプレッション数の内、広告がクリックされた回数
              の割合の事

・CPC(Cost Per Click):1クリックあたりの広告コストの事

・CPA(Cost Per Action):顧客獲得や会員獲得、購入1件あたりの獲得コストの事

・CPM(Cost Per Mille):1000ページビューあたりの広告コストのこと

コンバージョン、CPCくらいは知ってたのですが、こう見てみるとまだまだ勉強不足な感じが自分でも思います。SEO、SEMを行なった場合など、気を付けたい点でもありますね。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

11/06

10:24